« 56枚…… | トップページ | 三万hit御礼 »

『ガラスの仮面』42巻

ガラスの仮面 第42巻(花とゆめCOMICS)
美内すずえ著

出版社 白泉社
発売日 2004.12
価格   ¥ 410(¥ 390)
ISBN   4592170024

bk1  オンライン書店bk1amazon

友人からもらいました。もらった時の条件は、読み終わったらまわりの読みたい人にあげて、ということですので、手渡しできる方、読んでいらしたらリクエストして下さい。先着順ということで(笑)
あ、中身か。
41巻の発行は、調べたら1998年12月でした。わたしらが婚約した頃です(^^;
40巻は1994年ですよ!
42巻はねえ、さすがに単行本連載という形態のためか、以前の作品よりはだいぶきちんとした中身になっているように思います。
一番驚いたのはですねえ、桜小路くんが、カメラつき携帯を持っていることですよ!
いやあ、時代は変わりましたねえ。

|

« 56枚…… | トップページ | 三万hit御礼 »

まんが」カテゴリの記事

コメント

>いやあ、時代は変わりましたねえ。
っていうか、多分その前の日まで携帯そのものが存在してませんでしたけど…。

投稿: 灯台守 | 2004.12.23 13:06

唐突に出てきました。
いつも楽しく拝見させていただいております。
あまりに懐かしい作品名を発見したので、恥ずかしながらコメントさせてください。
姉が集めていました・・・
あまりに遅筆な為、すでに収集は断念している様子。っていうか、子供?と呼ばれる年齢をはるかに過ぎてもなお終わる気配のない作品に諦めを見た感があります。
 あまりに懐かしかったのでおもわず出てきちゃいました。花とゆめ・・・創刊号持っていたなぁ、捨てたけど。170円だったっけ?120円だったけ?雑誌も高くなりましたねぇ。
 
 桜小路君、カメラ付き携帯買ったんだ・・。時代は変わりましたねぇの台詞同感です。
ちなみに話は進んでいるのでしょうか???

投稿: パイナップル | 2004.12.23 23:48

何と言うか、「まだ続いてたのね」って感じですね。いえ、終わってないのは知ってたんですが、もう諦めたかと思ってました。内容は何とも言えませんが、早くケリをつけるべき作品のように思います。

投稿: DannyBoy | 2004.12.24 00:04

>灯台守さま
確かに作中の昨日は、携帯が一般的になる前だったように思われます(笑)
そういえば今日、「カメラ付き携帯に替えれば、ちいの写真を胸ポッケに入れられるよ〜」とおっしゃっていましたが、わたしは携帯をそんなところに入れませんし、我が家には壊れてもいないものを買い替える余裕はな〜い!

>パイナップルさま
話はですねえ、「紅天女」の試演の練習中に、マヤが失恋して、桜小路くんの思いが再燃、って感じです。
彼の携帯にはマヤちゃんへの愛の写真が(笑)
でもなぜかそれを関係ない人が見て、怒ってたりする(^^;
ダメだよ、桜小路くん、ちゃんと暗証番号設定しないと〜

>DannyBoyさま
そうなんです、最近、ちょっと風向きが変わってきたみたいですよ。
以前よりも「紅天女」の内容も詰まってきたみたいです。

投稿: luna | 2004.12.24 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/2348575

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガラスの仮面』42巻:

« 56枚…… | トップページ | 三万hit御礼 »