« 下関小耳情報 | トップページ | 「ふーろーちゃん」 »

転勤準備 その3 下関視察(笑)

天気予報に不安はあったけれど、この週末を逃すといけないかもしれないので、思い切って朝から出かけてみた。
高速を飛ばして4時間ほどかかったけど、実際には高速が下関以遠通行止めになっていて、下関の出口が大渋滞だったためなので、もう少し近いかな。
それにしても、あの渋滞を考えると、途中で降りて小倉からフェリーに乗った方が良かった感じ。まだ土地勘がないもので、一応そのルートは考えてあったけれど、結局ぎりぎりまで高速を利用。

下関は関門海峡を臨む街だけれど、鶴の港と呼ばれ、港を内の湾に抱え込む長崎とはまた違った感じで海が近い感じがした。もっともそれは、めかりのSAの公園(門司側)から見た印象だけど。

下関インターで降りて、二ヶ所住まいの候補地(うちが選ぶわけじゃないが)を見る。
その間に、唐戸のカモンワーフで食事。フグの天ぷらと味噌汁がおいしかった(^^) 刺し身もかなりいけてたけど、長崎も魚はおいしいから、特に目新しい感じはない。
下関は適度に都会で、適度に田舎な感じ、前回駆け足で通った時より、生活感を感じたせいか(スーパー、酒屋、バス停、銀行、幼稚園、保育所など、生活環境を調べたりしたし)、天気がまあまあだったせいか、長崎ほどは坂がきつくないせいか、明るいイメージ。
でも、観光の魅力ではやはり長崎には敵わないかなあ。

とりあえず、具体的な情報を現地で仕入れたので、これからは明確なビジョンを持って(笑)、引越準備に邁進することにします。明日からは気分を変えて、心機一転、頑張るぞ!

|

« 下関小耳情報 | トップページ | 「ふーろーちゃん」 »

下関ネタ」カテゴリの記事

転勤引越顛末記」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりのコメントです。前向きなlunaさんの文章を見ているとホッとします。引越し作業て直前にならないとターボがかからないんですよねぇ。くれぐれも体調には気をつけてね。ちと遠くから応援してます(^^)

投稿: さざ波 | 2005.03.06 11:00

引越し。ききました。大変だね。でも子供が小さいうちはいろんなところに住めるってのもボヘンアーンな感じでいいじゃなーい。うちなんかどこもいけやしない。いくとしたら夜逃げだね。がんばれっ。こう引越しが多いとそのうち寝袋とリュックだけになったりして。キャンピングカーとか。今度は少し近くなるのでいく機会があるかもしれません。ぞろぞろと。

投稿: 銀粉 | 2005.03.06 22:05

銀粉さん、さざ波さん
励ましのお言葉ありがとうございます(^^)
まだ不用品整理とか、ちょっと余分に洗濯掃除くらいで、本格的な準備にはかかっていないんだけど、もうすでに手が荒れ始めたので、いかに普段ダラ奥なのかが判明(笑)
明日から軽作業でも綿の手袋しよっと。
ぜひ遊びにいらして下さいね。

投稿: luna | 2005.03.09 23:55

よかったら"安岡幼稚園"も検討してみてください
いい幼稚園ですよ
通っていました
園長先生がとてもいい先生です

安岡幼稚園
下関市冨任町6-1-23 0832-58-0138

投稿: maki | 2005.03.13 17:18

makiさん
はじめまして(^^)
下関の方ですか?
ご出身の幼稚園なんですね。
ざんねんながら、安岡はかなり遠いので、オススメの幼稚園には通えそうもないのですが(^^;、アドバイス本当にありがとうございます。
とても嬉しかったです。

投稿: luna | 2005.03.13 23:27

lunaさん、初めまして(●^o^●)
私は神奈川県人です。
実は安岡幼稚園というのは
私の祖父が園長をしている幼稚園です。
安岡はかなり、遠いのですね…残念

最近、私は下関に興味を持ち始めたのですが、
"川棚グランドホテル"の温泉なんてとてもおすすめです。 夜でも朝でもいい気分で入れます。

私は逆にlunaさんのブログを見て下関を知りたいと思っています
これからもがんばってくださいね(*^_^*)

投稿: maki | 2005.03.14 19:05

なるほどおじい様の幼稚園なんですね。
うちは南西の端になるようです。
安岡はだいぶ遠いですね。

川棚グランドホテルは評判がいいですね。一度行って見たいです(^^)
下関探検が楽しみです〜

投稿: luna | 2005.03.23 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/3186597

この記事へのトラックバック一覧です: 転勤準備 その3 下関視察(笑):

« 下関小耳情報 | トップページ | 「ふーろーちゃん」 »