« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

「おかあさんもちょっとよーぐるといただいてみる?」

昼食にブルーベリーヨーグルトを食べながらスプーンで一口母に差し出して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bk1の不具合にだんだん我慢ならなくなってきた

ヘビーユーザーじゃないし、アフィリエイトとしてもいい加減なことしかしていないので、世のブリーダー達が批判してもそれほど気にしていなかったのだが、さて、自分で本を買おうと思ったり、せっかくだからリンク張っておくか、と考えた時、イライラすることが多くなった。
検索がおかしい(並べ替えとか、検索結果とか)、リンクが使いにくい、などなど。

bk1のいいところは、
・自分で買ってもポイントが付くこと
・配送が早いこと
・メール便優先にしているので不在でも受け取れること
くらいかな。
オットは新書などの予約販売品目が少ないと前から怒っている。
ネットでちょっと調べてみると、包装やビニールのかけ方を評価しているという人がいて驚いた。なるほど、Amazonはそれで評価が低いってことか?
ちなみにわがやでは、bk1のビニールは、ちいの使用済みおむつ入れに再利用されています(笑)

ちなみにAmazonのリンク作成ツール、前よりは使いやすくなったけど、わたし向きのシンプルなヤツは面倒くさいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちいちゃん、にんげん?」

「おかあしゃんもにんげん?」「おとうしゃんもにんげん?」
「おじいちゃんもにんげん?」
そうよ、そうよ、と答えているうちに、だんだん「にんげん」がいんげんとか、ぎんでんとかになってきた……
そして、ちいは「せんとちひろみせてちょうだい!」と言い始めました。
そういうことか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麦の海に沈む果実」恩田陸

麦の海に沈む果実
恩田 陸 / 恩田 陸著
講談社 (2000.7)
通常2〜3日以内に発送します。
Amazon文庫はこちら

久しぶりに再読。
主人公理瀬が他の作品にもたくさん登場することを知り、改めて読むことにした。
初読のときのわくわくどきどき感は変わらずあったものの、最後の締めの唐突さはやはりぬぐい去ることが出来ず。結末は何となく覚えていたので余計に……
うーん、書かれていないことで、作者の中にはちゃんとあることが多すぎるような。
でも面白いです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちいちゃんねえ、なっとうごはんとおから、おっきいたべたの!」

昼食に山のように納豆ごはんとおからの煮物を山のように食べた。
「おから、すっぱいのからい」
うーん、何が言いたいのやら。
「おから、からくてもおいしい!」

「ちいちゃん、おっきいおしっこしたのよ」
まだたくさんとかいっぱいとかいう言葉がまだ使えないらしい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「だってけんかするもん……」

粗相をしてしても親に言わず、一人でこっそり片づけ(たつもり)て、知らんぷりをしていることの多いちい。
先日畳の上でおしっこしてしまい、自分でおしりふきで拭いた跡が残っていたので、どうしてそんなことをしたの?と聞いてみたらこの答え。
つまり、叱られるから、という意味らしいのですが(^^;
ちなみに昨日はココアをじゅうたんにこぼしたあとをお手拭きの濡れタオルで拭いたらしく、ハンドタオルがじゅうたんの上にきちんとしわもなくきれいに広げてあった(笑)
怒らないからすぐに言って、と言い聞かせているけれど、しまった、失敗した、悪いことした、と本人が思っているからどうしようもないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こわれちゃった

このブログのレイアウトがむちゃくちゃになってしまっています。
原因は不明。
疑わしい要因は、bk1とAmazonの自動リンク作成ツールで作ったソースかなあ。
怪しいものを削除したり、ブログの方をいじってみたりしているのですが、どうもうまく行きません。もしお分かりの方いらしたら助けてください(;_;)
一からソースを見直すなんてとてもとても……そもそもそんなことやる余裕があったらブログなんてするもんかな(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ネバーランド」恩田陸

Amazon 文庫はこちら

「ロミオとロミオは永遠に」の書評でちょっと触れられていたこの作品、実は敬遠して読むのが後になった。理由は表紙のイラスト(笑)
なるほど、恩田陸流「トーマの心臓」だったわけね。確かにそんな痕跡が設定のあちらこちらに残されている。
単純に言ってみれば、たとえ高校生だって、ひとにはそれぞれ抱える事情があるってことかな。自分の高校時代を振り返れば、渾沌の一言に尽きる。およそ整理のつかない状態だったけどね(^^;
それにしても、ジャニーズドラマになっていたとは知らなかった……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャホーな音楽 その3 プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」

プロコフィエフ バレエ音楽「ロメオとジュリエット」
シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団
プロコフィエフ/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」

バレエが好きだ。特にこういう甘美で叙情的でドラマティックなヤツが(笑)
もともとチャイコフスキー、ラフマニノフからの流れでプロコフィエフは特に好きなんだけど、この作品の「悲しみ」の表現がとても気に入っている。
この演奏はデュトワの日本人好みの作りじゃないかな。
Dance of the Knightsの跳躍が好き。
あと、全体的に、若々しい躍動感のある曲が多いので、いい感じ。
それからJuriet's deathの最初の部分の美しい朝?の情景がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャホーな音楽 その2 Mr. Children "Atomic Heart"

Atomic Heart

このアルバム、好き嫌いがあって(っていうかミスチルのアルバムはみんなそう)全部は読み込んでいません(笑)
1番好きなのは、明らかに駄作だと思う「雨のち晴れ」。
あの頃の自分の場所が描かれているようで、身につまされて、でも好きだったなあ。歌の上手な先輩に頼み込んでカラオケで歌ってもらったりしたっけ。
歯を食いしばってカラカラの都会を営業に走り回っていた頃、移動の合間に繰り返し聞いていたこのアルバム、聞くとあの頃の若い(っていうか青い)苦悩を思い出す(笑)
最初のトラックに入っている、シャッターのような効果音が好きだったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのアクセス解析

リファラーは相変わらず「はいだしょうこ」検索が強く、新しいところでは「のだめカンタービレ」がありました。
ユニークアクセスで見ると、やっぱりbookmarkで来てくださっている方が多いようで、ありがたい限りです。
アクセス数の特異日が二日あり、3/2と2/24だったのですが、何の日か、考えるまでもありません。
内示予告日と、実際に内示が出た日です(笑)
見てくれている人、みんな身内ね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロミオとロミオは永遠に」恩田陸

ロミオとロミオは永遠に
ロミオとロミオは永遠に恩田 陸 / 恩田 陸著
早川書房 (2002.10)

恩田陸ウィーク、そろそろ終盤に入って参りました。

これはむちゃくちゃな話だよう。いい意味でも悪い意味でも恩田陸。
映画「大脱走」が大好きだそうだが(わたしもけっこう好きだ。特にズボンの裾から掘った土を捨てるところとか……)、しかしそれにしてもむちゃくちゃはちゃめちゃな舞台設定だよなあ。
これまで恩田陸のイマジネーションやセンス、ちょっとした情報の処理の仕方、落ちそうで落ちない落ち、つきそうでつかないかた、あらゆることで自分自身との共通点を感じていたのだが、これは違う。悪いけどわたしはどう転んでもこんな話は書かない(笑)

ストーリーはごく平凡。読み終えてしまうと、食い足りないくらい。まるで同人誌だ。
こんなふうにあっけなく「○○」して終わってしまうなんて、あんまりだ(笑) 夢落ちより悲しいかも……
楽しく読めたからいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おかあしゃんにもきってあげる!」

ちいは相変わらず髪の毛は薄くて短いのだが、前髪が少し伸びてきて、何本か目に入りやすくなっていたので、ちょっとだけ切ってやったら、終わった後はさみをとり上げて、わたしの髪も切ろうとしました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャホーな音楽 その1 「王妃マルゴ」

iPod shuffleを導入してしばらくたった。
手当たり次第に手持ちのCDを読み込ませたせいでPowerBookG4のハードディスクはどんどん埋まり、激しく断片化してしまい、断片化解消と最適化に一晩かかってしまう始末(^^;
近いうちにビデオ編集を始めようと思っていたのだけれど、とてもじゃないがこの空き容量じゃ……

しかし適当にCDをつっこみ、そこからiTunesがランダムにトラックを選び、そしてそれを更にシャッフルされた順番で再生されると……なんだか摩訶不思議な世界が広がったりする。
とりあえず、改めて再評価、こんなの持ってたCD紹介編第一弾です(笑)

王妃マルゴ

いきなり渋いのが始まりました。もう10年以上前に公開された映画(王妃マルゴ 無修正版DVD王妃マルゴ(字幕/ワイド)ビデオ)なのに、つい昨日のよう、わたしの中では全く手垢のついていない作品。
ゴラン・ブレゴビッチの音楽はどこかで聞いたことのあるような響きがありながら、でも全く新しいものでもあるようで、とても新鮮な印象を残す。
表しているものが何とも凄惨な血みどろの殺戮と激しい愛憎と陰謀渦巻く宮廷劇だというのに、清冽で詩的な叙情溢れる、哀愁を帯びたメロディーラインとポリフォニックな音の響き。
ジャンルを問わず、音楽を好きな人に聞いてもらいたい一枚だ。ワールドミュージックは好きだったけど、これはという一枚にまだ出会えていない人にもお薦め。
エロ・ハイ(テーマ)を歌うオフラ・ハザの張りのある声も素敵だ。

本棚@星の天幕へ戻る

| | コメント (4) | トラックバック (1)

トイレトレーニング再開

冬で寒かったり、引越だったりでのびのびになっていたトイレトレーニング、暖かくなってきたので再開。
ちいは一時期、おしっこをする前に教えたりもしていたのだが、すっかり後退。最近はおしっこもうんちも知らんぷりが多い。
金曜日にたまたま、前にいとこにもらったディズニーのプリンセスのおむつ(パンツ)を使ったら、パンツへのあこがれが再び芽生えたらしい。その直後くらいから意識してトイレに連れて行ったり、用をたす話を多くしてみたら、さっそくパンツをはくと言い出した。
一昨日はほぼ一日トレーニングパンツで過ごし、夕方までは全滅。夕方から3回ほどトイレでおしっこできた。部屋が広くなったので、思い切って使っていなかったおまるをテレビの前に出してみたら、えらく気に入ったらしく、出なくても延々座っているようになった。
昨日はトレーニングパンツは全部洗濯中だったので、なんと普通の布パンツで過ごした。スイミングに行く前と後におまるで成功したり、夜もおまるでできたりと、前日よりは少し成功率が上がったが、そのかわりわたしの膝の上でおしっこしたり、粗相率も上がった(^^;
今日は外出なので一日おむつに戻るけれど、一回でも上手にできるといいなあ。そして前みたいに一度でいいから「事前に」教えてくれないかなあ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/18(水)傷だらけの生活

……なにが?って言われそう(笑)

週末に友人夫婦が遊びに来てくれた。
とても楽しく過ごせたのだが、金曜、土曜と、頑張って片づけ、掃除をしたことによる後遺症が一つ残っていて、家事が若干滞っている。
実は両手の指や甲に合わせて六つほど小さい切り傷やひっかき傷があるのだ。どこもちょっと作業をすれば当たるところにあり(当然それだからできたわけで)、何をしても痛い。洗い物や洗濯、風呂も辛い。
歳をとってきたせいか、なかなか傷が治らなくなってきたので、もう1週間近くたったというのに、まだ三つしか傷がふさがっていない(;_;)

しかし、それほど変わったことをしたつもりもないのに、こんなにたくさん傷が一度にできたのはなぜなんだろう。
一つ一つは、やれプラスチックのカゴに引っかけたり、段ボールの端で切ったとかそんなことなんだけど、3月からずっと続いていた引越の準備のときは、ずっと綿手袋をして作業する習慣になっていたから、ちゃんと手を守ってくれていたんだろうなあ。そして、ちょっと作業が荒っぽくなったとか(笑)
なんかその程度の理由なんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちいちゃん、おこめしょきしょきしてんの!」

お菓子の空き缶に手を突っ込んでかき回しながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」12巻

こちらでは発売日の翌日に購入したのだが、ようやく読めた。
なんというか、ばら色間奏曲〜みたいな感じ?
早く先が読みたいね。
急展開かもしれないとは思うけど、でもじれったい感じでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「ちいちゃん、とべたいの!」

ハリー・ポッターのクィディッチの試合を見ながら。
「食べたい」に引っ張られてるのかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/16(水) 晴れ

ちいが電話をするというので、実家の父と話をさせる。
母のリクエストで住いの全景を写真に撮りに出かけて、その足で買い物へ。
昼過ぎにオットから電話で、飲み会になりそうとのこと。
こんな時間にその用件で掛けてくるんだったら、弁当おいしかった、ありがとう、の一言ぐらい欲しいよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やさいやで〜す

そういえば、一つずっと気になっていて、確かめていなかったことがあった。
長崎に住んでいる時に、いわゆる青果商の移動販売のトラックが2台ほどよく近所に来ていたのだが、片方がアナウンスする文句が「やさいやで〜す」だった。
長崎ではあまり、「八百屋」という言葉を聞かなかったなあ。

あなたの住んでいる場所では、青果商を呼ぶ一般的な呼び名は何ですか?
「八百屋・やおや」ですか?
それとも「野菜屋・やさいや」ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぱっちん、どこ?」

iPod shuffleのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「砂漠の船」篠田節子

砂漠の船
砂漠の船
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 2
篠田 節子
双葉社 (2004.10)
通常2〜3日以内に発送します。

タイトルにちょっと違和感。
たぶん、「砂漠」や「船」に対するイメージが違うのかな?もともと作品のタイトルは別のものだったみたいだし。
なんというか、辛い物語だよね。
男の人の世界をけっこうリアルに描いているのではないかと思うけれど、実際に男性の感想はどんなものなのだろうか。
こう来るか!というように収まりのいい見事なラスト。
ただ、読了感はかなり苦いものが。
主人公である男性の姿を描いているようでいて、実は働く妻や、父の望みとは違う方法で将来を切り開いて行く娘、運転手の女性など、女性を描いた作品なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうそう

ココログの記事の日時が変更できるようになったので、前の日付の日記なども少しずつアップしています。
ともかく書いておきたいのは、読んだ本の記録かな〜
実はこのいそがしいのにけっこう読んでいるのよ(笑)
やっぱり引越準備などで生活に余裕がない時間が長かったからでしょうか?
それでも家事をさぼって読みふけったりしたのはほんの一日か二日くらいなので、けっこう余裕のあるいい生活しているのかも。
あ、だからなかなか部屋が片づかないのか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おててふりまわしてちょうだい」

「にほんごであそぼ」のカルタをテーブルの上に並べて。
ようは取り札を探して上で泳ぐ手をやらせたいらしいけど、その言い方ではねえ。
何と言わせればいいのか分からずにずっと困っていたけれど、「どれかなどれかな、してちょうだい」くらいにしておこうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おばちゃん、ちいちゃんのめめみえる?」

受話器を目に当てながら。
「ちいちゃんのことみえる?」
通話相手の妹が苦笑しながら、みえないよ〜と言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あそべき、とかべ♪」

「さくらにとまれ」(ちょうちょ)です。
普段ちゃんと歌えるのにねえ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/10 買っちゃったよ〜

幸せだな〜
iPod shuffleが我が家にやって来ました。
わたしのはほんの512Mではありますが(笑)
(オットは1Gだよん)
いきなり、今まで縁のなかった音楽CDをじゃんじゃんPowerBookに放り込んでおります。これは、面白いや〜
もっと今までパソコンにたくさんCD取り込んでおけばよかったな〜
iPodなしでも、ジュークボックス代わりに使えて面白かっただろうに。

これまで回りでiPodを買った人の話を聞いて、いいなあとは思ったけど、自分の生活の中でいったいいつそれを聞くんだ?という根本的な疑問がいつもあったもので、shuffleがでた後も、ほしいほしいというオットの声も無視してきたのだった。
実際のところはアッコちゃんのところでshuffleを買って、子どもを寝かしつける時に聞いているという話を読んで、それ以来ずっと欲しいは欲しかったんだけどね〜
自分もちいを寝かしつけていた時に欲しかったな、こんな素敵なもの。
ともかくshuffleは小さくて軽くて、持っているという感じすらしないところがいい!
さいきんようやく、前ほどちいが母にまとわりついてばかりではなくなってきたので、そういうところが踏み切らせた原因かな。あと、ちいと一緒にベビーカーで長いお散歩や買い物に出ることができるようになったなんていうのもある。
実際使ってみたら、洗い物をしながら、あるいは掃除機をかけながら音楽を聴けるというのは素晴らしい!
首からホルダでぶら下げて、シャツの内側に入れておくだけでいいし、重くもないし、何の違和感もない。
そして、CDをじゃんじゃん読み込ませたものを聞きながら、これほど自分が音楽に飢えていたとは!とちょっと驚いたりした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「まいちゃんにくっきーあげる?」

昨日はお菓子の入っていたキティちゃんの大きい空き缶を持ってきて、そこからいぬようのビスケットを取り出してちいにやる真似をしろと要求されていたのだが、今日は両手を犬の口の形にして、そこに入れろ、「まて」と言え、といろいろうるさくなってきた(笑)
ちなみに、「まい」というのはオット実家で飼っているゴールデンレトリバーで、本名は「マイケル(・ジョーダン)」と言います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きよしこの夜」

NHKの番組にしちゃ面白い歌謡バラエティだけど、グッチと歌うの聞くとと結構氷川きよしも演歌以外でも歌うまいんだな〜と思う。
オープニングのテーマが、オカマ2人のデュエットみたいに聞こえるのは笑えるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/9 つれづれ……

突然ネットワーク接続が落ちる。
多分ADSLの問題だと思うんだけど。
今日2回くらいあって、2回目の時は短時間ですぐに回復したからいいものの、午前中の時は、IP電話も使えなくなるし、すべてリセットしてみてもうまくいかないしで本当に困った。時間の無駄だし。
2度目の時は待っていたら勝手に回復したんだけどね。

しかし、ネットにつなげなくなったら、その時点であきらめて他のことをすればいいのに(ずっとネットしているわけじゃないし)、却って復旧しようとネットに固執してしまうこのくせは何とかならないものか(^^;

朝余裕がなかったので、オットの弁当は今日もまたお届けに決定。
昼前になってようやく、歯磨きと着替えを終えたちいをベビーカーに乗せて出発。
朝早くスタートしないと、無駄が多いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/6 変な天気

一度日記を中断して、書かないのが普通の日常になってしまうと……
全く書けません(笑)
中断していた間のことなんて無理に書こうとしないで、今日からのことをこつこつ書けばいいんだけどね。

新居は、ぼちぼち落ち着いてきたけれど、まだ散らかっている。
と言うか、段ボールが積まれていた時より散らかっている。雑物の仕舞い場所がまだ確定していないので……

連休前半はオット実家に帰省。大して家事も手伝わず、グータラ生活していたので、せっかくウェイトダウンした分以上に太ってしまった……やばい、真剣にやばいぞ!

日常はお弁当作って、それからちいにごはん食べさせて、新聞読んで、植木に水やって、布団干して、洗濯物干して、歯磨きさせて、ざっと片づけて、散歩と買い物、帰って昼食、遊んで片づけて遊んで片づけて、たまに昼寝させて、妹に電話して、ちょっとネットして、風呂洗って沸かして、夕食の準備して、お風呂入れて、夕食食べて、テレビ見て片づけて、洗濯物畳んで、歯磨きして、絵本を際限なく読んで、寝る。
もう他のことほとんどできない……
連休中、ちいの夏用カーディガンをちょっと編んだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「とまと〜」

スーパーで買い物をしていたら、ちいがたったか先に青果売り場に走って行って、パックを取ってきた。
はいはい、と受け取ったらなぜか違和感。
いつも買っているちいの大好物のミニトマトのパックより少し小さいし、丸い。
そして見慣れぬ数字が……なぬ、960円?!?
これ、佐藤錦じゃないの〜!!
こっそり棚に戻しました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »