« シャホーな音楽 その3 プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」 | トップページ | こわれちゃった »

「ネバーランド」恩田陸

Amazon 文庫はこちら

「ロミオとロミオは永遠に」の書評でちょっと触れられていたこの作品、実は敬遠して読むのが後になった。理由は表紙のイラスト(笑)
なるほど、恩田陸流「トーマの心臓」だったわけね。確かにそんな痕跡が設定のあちらこちらに残されている。
単純に言ってみれば、たとえ高校生だって、ひとにはそれぞれ抱える事情があるってことかな。自分の高校時代を振り返れば、渾沌の一言に尽きる。およそ整理のつかない状態だったけどね(^^;
それにしても、ジャニーズドラマになっていたとは知らなかった……

|

« シャホーな音楽 その3 プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」 | トップページ | こわれちゃった »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/4231857

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネバーランド」恩田陸:

« シャホーな音楽 その3 プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」 | トップページ | こわれちゃった »