« 「おかあしゃんにもきってあげる!」 | トップページ | 久しぶりのアクセス解析 »

「ロミオとロミオは永遠に」恩田陸

ロミオとロミオは永遠に
ロミオとロミオは永遠に恩田 陸 / 恩田 陸著
早川書房 (2002.10)

恩田陸ウィーク、そろそろ終盤に入って参りました。

これはむちゃくちゃな話だよう。いい意味でも悪い意味でも恩田陸。
映画「大脱走」が大好きだそうだが(わたしもけっこう好きだ。特にズボンの裾から掘った土を捨てるところとか……)、しかしそれにしてもむちゃくちゃはちゃめちゃな舞台設定だよなあ。
これまで恩田陸のイマジネーションやセンス、ちょっとした情報の処理の仕方、落ちそうで落ちない落ち、つきそうでつかないかた、あらゆることで自分自身との共通点を感じていたのだが、これは違う。悪いけどわたしはどう転んでもこんな話は書かない(笑)

ストーリーはごく平凡。読み終えてしまうと、食い足りないくらい。まるで同人誌だ。
こんなふうにあっけなく「○○」して終わってしまうなんて、あんまりだ(笑) 夢落ちより悲しいかも……
楽しく読めたからいいんだけどね。

|

« 「おかあしゃんにもきってあげる!」 | トップページ | 久しぶりのアクセス解析 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/4378041

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロミオとロミオは永遠に」恩田陸:

« 「おかあしゃんにもきってあげる!」 | トップページ | 久しぶりのアクセス解析 »