« 「泣き虫男、歩いて日本一周してきます」 中林あきお | トップページ | Book Baton »

Musical Baton

受け取ってしまったぞ、アッコちゃんから。
宣言しておかないとダブルらしいから書く(笑)
急いで書きます。ちょっと待って〜

・Total volume of music files on my computer ( コンピュータ に入ってる 音楽 ファイル の容量)
3.1GB
ミュージックフォルダの容量だけどね。
ちょっと前までほとんど0だったわけだから、そう考えると結構多いかも(笑)

・Song playing right now (今聞いている曲)
今、「The Sound of Music」のDVD(妹に誕生祝いでもらった)見てるんだよ!!

ちょうど曲は「Do Re Mi」です(笑)
これでいいかな?

・The last CD I bought (最後に買った CD )
「クローズ・ユア・アイズ 」鈴木重子

なんと2年も前ですよ……
その後1枚も買ってないのか……
あ、もしかしたら「りんごのうた」椎名林檎かも?どっちだろう。

・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

*Mad About You (Sting)

夜の柏駅のホームの階段の陰で、何度も繰り返し聴いた曲。
若かったあの時の、訳もなくざわざわと狂おしい思いが、この曲を聴くとすぐによみがえるのが恐ろしい。


*レクイエム(フォーレ)

ともかく美しくて、わたしを合唱の世界に本当に引き戻した名曲。


*サンゴ十五夜(元ちとせ)

他にも好きな曲はあるけれど、なぜかこれを聞いてしまうんだな。iTunesのトップレートにもしっかり入っている。
オットの元同僚がとある奄美の島で結婚式を挙げたところ、本島から歌のものすごくうまい中学生の女の子が余興で歌いに来てくれたそうな。それが元ちとせだったというので、あとでびっくりしたそうである。


*His Eyes on the Sparrow(Lauryn Hill/Tanya Blount)

男女のデュエット曲に編曲中だが、難しくてうまく行かない(笑)


*歌舞伎町の女王(椎名林檎)

1曲にドラマを詰め込んでいて、想像力を刺激される。ほんの数分でこんな物語が語れるなんていいなあ。

・Five people to whom I'm passing the baton ( バトン を渡す5名)
気づいたらよろしくお願いします<(_ _)>

*Aztimegoesbyさん(そのむかし訳ありCDを数枚もらったことが。あれにはまったということは、実は趣味が違うということなのだと思われ……)

*DannyBoyさん(昔出た素人オペラの主役だった)

*オットこと灯台守氏(一応合唱仲間だし、CDは共有しているし、iPod shuffleは一緒に買ったし)

*かもねぎさん(そもそも一番最初にiPod shuffleを2人で買ってもいいんだ!というアイデアを与えてくれた人)

*転勤夫婦@妻 さん(最近趣味の世界で共通点が多そうだと更に思うようになった友人)

|

« 「泣き虫男、歩いて日本一周してきます」 中林あきお | トップページ | Book Baton »

コラム」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ねーちん
ここから下が字が大きくなってるよー
やっぱりamazonが原因だねぇ

投稿: imouto | 2005.06.24 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/4634310

この記事へのトラックバック一覧です: Musical Baton:

» 今度はBook Baton [bugblog - satellite]
またまたうらがすみさん(id:gladiolus:20050619)さんから。BookGuideの方に書いた方がいいかな、と思いつつもそれじゃあまわす時にハンドルに困るし、どうしようかと迷いつつ。 :■持っている本の冊数:数えられない。本棚1つ+天袋一間半(底が抜けないか結構心配)+廊下一面の収納棚(これはほんとに抜けそうなので下2段だけ)+段ボール2箱(これは処分の予定)+実家にいっぱい(なんとかしろと怒られつつ)そして毎月どっさり届きます、まだまだ増えますよ。 :■今読みかけの本 or 読もうと... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 16:21

« 「泣き虫男、歩いて日本一周してきます」 中林あきお | トップページ | Book Baton »