« 爆笑! | トップページ | 台風対策 »

「星に帰った少女」

末吉 暁子作 / こみね ゆら絵
偕成社 (2003.1)

地と潮の王」の著者だったとは。

小学生の時に読んで、ぞれ以来ずっと忘れられないでいた。といっても、母親からお下がりされたあずき色の古いコートのポケットに古いバスの回数券が入っていて、それを使ったら……というモチーフだけ。
児童文学の本を教えてくれるところとかで何度も質問したりして、すぐにこのタイトルを答えてもらったのだけれど、すんでいたところの図書館になかったりで、それきり巡りあえないでいた。

ようやく、図書館の検索でこの本を発見、借りてみた。確かに読んだ覚えがあるが、こんな話だったとは。なんだか違うお話を頭の中で長い時間をかけて作り上げてしまったような気がする。でも面白かったけど(笑)

今読み直すと、シングルマザーとして懸命に働いて子どもを育て、恋愛もしている母親と、その過去についての方がずっとクローズアップされて迫ってくる感じがした。
子どもが読むにはちょっと辛かったのかしら、あの部分。

|

« 爆笑! | トップページ | 台風対策 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/5787580

この記事へのトラックバック一覧です: 「星に帰った少女」:

« 爆笑! | トップページ | 台風対策 »