« 6枚 | トップページ | あのう…… »

DV編集の落とし穴(各種)

先月のちいのおゆうぎ会のビデオをパソコンに取り込む。
去年そのために250GBのHDDを買ったのだ。
ビデオ編集ソフト、iMovieは初めて使う。

いきなり問題発生。
む、ビデオカメラ(ちいの誕生前にお祝いでもらったので、ちと古い)の取り扱い説明書にiLinkを使った取り込みの説明がない。それにパソコンとの接続キットにはiLinkケーブルもないよ。でも、iLinkのケーブルを差し込む口はちゃんとある(なんの説明も書いてないけど)。何とかなるはずだけどなあ〜
じゃあ、説明書にもキットにもあるUSBで、とおもったら、iMovieがUSBの取り込みに対応してないじゃん!
ケーブルを買いに行かなきゃだめか、とがっくり。
とその時、ふと思いついた。
HDDはiLink接続で起動ディスクに使えるやつを買ったのだ。当然iLinkケーブルで接続してるよね。だからケーブルは……おお、ぴったり(笑)
PowerBookにはiLinkの差し込み口は一つしかないから、どっちにしても、外付けのHDDに直接取り込むことはできないんだし、別に新しくケーブル買うことないや(笑)

カットごとに別のクリップに自動的に取り込んでくれるので便利〜
面白いほど簡単に編集できる。
実はおゆうぎ会の冒頭を取ったテープの上に別のカットを重ねて録画しちゃって、そこのところ、データがないもんだから、保育園が貸してくれたビデオ(VHSに落としてあるけど)からDVに一度ダビングして、さらにそこからパソコンに取り込んで、画像がない部分を補う。
あちこち継ぎはぎの編集作業にちょっと時間がかかった。
でも、デジタルの編集って何度もやり直しで切るし、面白い!
繋ぎ目も目立たないようにいろいろ工夫して効果を入れてみたりする。

しかしここで問題発生。
ほんの30分程度の素材なんだけど、データを直接外付けのHDDに取りこめないということは、PowerBookのHDの空きが足りないってこと。
案の定、取り込んでいる途中で止まり、HDに空きを作るように指示されてしまった。
40GBしかないので、システムや何やかにやで30GB近くをすでに使っていて、さらに画像や音楽で10GB近く占有中。
泣く泣く画像のフォルダを外付けHDDに移して消去。
どうだ、これで!!
15GBの空きができて、何とかスムーズに作業ができるようになった。
DVのファイルの大きさの2倍以上、空きスペースがいるんだ〜

試しに一枚DVDに焼いてみようとすると……
重大な問題発生。
え、連携しているiDVDってソフトは、うちのPowerBookには入ってないわけ?
やられた。これがないとDVDに落とせない(DVには落とせるけど)。
仕方がないので、iLife '05という商品をネット通販で買いました。
うちはOSが最新じゃないし、安いから'04でもいいと思ったけど、そこは長く使えるように'05にするべな。

……って、買ったら翌日に、iLife '06発売のご案内メールが来たよ!
鬼か、Appleめ(i_i)
ほんの一日待てば良かったよ……

さあ、気を取り直して、編集作業。
ちょっと余分に取り込みもしたいけど、やっぱりHDの空きが足りなくて、何かと差し支える。
ってことは、まだ買ったばかりで空きがたくさんある外付けHDD(起動ディスクにできるようにCCC利用してバックアップ済み)から立ち上げればいいじゃん!
……立ち上げてみたら、
でもここで新しい問題発生。
起動ディスクのHDDに直接iDVDがインストールされてないと、作業できないんだってさ。
インストールにまたひと作業……

そんなこんなのごたごたを乗り越えて、ようやくDVDが(ちゃんと見直す前に焼いたから、2枚くらい無駄にしちゃった)でき上がりました。万歳!
ちゃんとチャプターも切ってるし、初めてにしてはなかなかの力作よ!

|

« 6枚 | トップページ | あのう…… »

コラム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/8219771

この記事へのトラックバック一覧です: DV編集の落とし穴(各種):

« 6枚 | トップページ | あのう…… »