« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

新米ママへのアドバイス その1

ご質問にお答えします。

• ハイ&ローチェア

テーブル生活をしているならハイチェアが必要。
床上生活をしているならローチェアが必要。
将来的には食事をするときは、いつも自分の席に座るのだということを教えるのにいります。
しばらくそこにいてもらうってことも必要になります(笑)


• ベビーベッド


親がベッド生活をしているならあった方が便利。
親が布団生活をしているなら、とりあえずはいはいできるようになるまでは不要。
それ以降、ベビーサークルの代わりにも使えます。
急な来客とか、じゃまされたくないときに、一時的に子どもを収容する。
わが家は布団生活でしたが、充分な場所がなかったので(産後、母や妹親子が手伝いに来てくれたので、ただでさえ狭い家が大変なことに)、赤ん坊を踏まないためにもあった方がよかったです。

• ベビーカー

新生児期には散歩するには抱っこで充分ですが、すぐに重くなるし、買い物に行くにはあった方が楽です。
散歩にいくのもずっと抱っこは結構きつい。
だんだん腕力がついてきますが、それを上回るスピードで赤ん坊は重たくなります。

• 抱っこひも
単機能型をお勧めします。
組み合わせとしては、スリング(横抱っこ、大きくなってからはたて抱きも)、おんぶ紐(首が完全に座ってから。長時間は無理だが、おんぶしながら家事ができる)の使い分けがいいと思います。
たて抱っこ用の抱っこ紐は、完全に両手が空くので、赤ん坊に絶対にじゃまされたくないときには向いています。わたしは外出などはほとんどスリングで通しました。寝かしつけるにも便利です。


あまり完成度は高くありませんが、揺籠の唄もどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月曜から

オット、出張代休で休み。
子どもの送り迎えと、確定申告を頼む。
仕事が終わって帰るコールしたら迎えに来てくれて、そのまま保育園に。
オットは先週の出張で使えなかった高速バスのチケットの払い戻しに行きたいと、なぜかそのまま小倉へドライブ(笑)
せっかく小倉に行くのだからと、帰りにはチャチャタウンの観覧車にちいを乗せてみることにした。
退屈してご機嫌斜めのちいにコンビニでメロンパンを買ってやったら喜んで食べていた。まだ少し残った状態でチャチャタウン(初めて)に着いたので、オットが残りは観覧車の中で食べな、といったら喜んでちいは観覧車に。
ところがどっこい、観覧車の中は飲食禁止(笑)
楽しみにしていたのに、食べちゃだめと言われて、ちいは途中から大泣き。楽しい空の旅は涙にまみれたのであった(^^;

西鉄ストアには北辰(魚屋)が入っていて、品ぞろえもなかなか。全般的に下関よりはちょっと安めの価格設定かな。大規模なお店で、ちょっとうらやましかった。
いちじく(ドライフルーツ)を買ってしまいました(^^;
ついでに梅枝餅も買って、帰宅。
夕食は西鉄ストアのPBちゃんぽんめんでオットが作ったちゃんぽん。美味美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「海保」って

たまたまちょっと引っ掛かったサイトで見たら……
「水海道保健所」(茨城県にあるよ)の略称だったよ(笑)
人名とかは知ってるけどさ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しいたけってしーたとにてるね!」

寄せ鍋を食べながら。確かにさっきまでラピュタを見ていた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「これきれいなうただねえ、やさしいうただねえ」

夏川りみの「童神」を聞きながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サトクリフ「王のしるし」の舞台を訪ねて

表題の記事をようやく直しました。
前に公開していたバージョンよりも写真を増やしたので、ぜひぜひ見てください。
わが心のスコットランド 1「王のしるし」によせて〜こだわりのスコットランド〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ほいくえんではこのべんざがないの!」

便座のふたがないそうです(笑)
もれる〜とか言いながらトイレでもたついたのでちょっと文句を言ったら、口答え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、歩き始める

とは言え、バス停一つ(^^;
朝はバスの時間ぎりぎりだったので歩けなかったが、帰りは歩きのつもりだったのに、ちょうどバスの時間きっかりだったので反射的に乗ってしまった(^^;
なので、一つ手前のバス停で降りてみた。
ちょっと登りなので、久しぶりの歩き始めにはちょうどいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おとうさん、おまつりいってた!」

飲み会で遅い父親に電話して、にぎやかなカラオケの音を聞いたあと、お父さん、何してた?と尋ねたら。
楽しそうだった?と聞くと、「たのしそうだった!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ書いてみたくて

犬の糞の話でも
水たまりに飛び込むのが怖かった子ども時代の話でも
通学路の途中の谷に橋が架からないかと夢想した頃でも
確定申告の話でも

でもあまり考えがまとまらず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「むしむしくんが、ちいちゃんのこと、はずかしいって!」

「むしむしくん」のビデオを久しぶりに見ながら。
……それ、ちょっと違う(笑)
でも喜んでいるからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちいちゃん、おかあさんのことすき」

寝言です。二回繰り返していました。
言うこと聞かなくて、しょうがないちびこだけど、なんとなくうれしいです(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ちきんりとる、ちきんりとる♪」

朝、パンを食べながら歌い出した。
ちいのいとこはこれで映画館デビューしたけど、ちいはまだ見てません(^^;
どこからでてきたの〜??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わすれ、わすれ、ないで、ないで♪」

「わすれ、わすれ、ないで、ないで♪」
保育園から帰ってきたらいきなり歌い出した。
「だいじな、だいじな、いのち、いのち♪」
なんの歌かわかる人、いますか? おしえて〜(^^;
「なっとうは〜いのちの、たからもち♪」
はあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合唱経験値

Sampoさんの合唱経験値やってみた。

混声合唱:○
同声合唱:○
児童合唱:○
異性の同声合唱:× 想像できないけど
異性の混声パート:× 行けと言われればテノールは楽勝
指揮者:×
パートリーダー:×
伴奏者:○ 小学生の時。ミスタッチが多いと指摘されてしょげた。
ソリスト:○ 忘れてたけど、高校の卒業式の合唱でやったじゃん
編曲:× ただいま挑戦中。
作曲:× やらなくもないです。
審査員:×
チケット交換:× ???
コンクール:○ 銅賞のみ。
全国大会進出:×
定期演奏会:○
路上演奏:× やるつもりでした。
依頼演奏:○ オリンピック讃歌とか
テレビ出演:× 団は出てたけど。
委嘱初演:×
海外公演:×
小澤征爾指揮:× たしかないはず。秋山先生とか大友先生とかヨットのオリンピック選手だった指揮者とか飯森さんとかいろいろなマエストロと歌いましたが。
新合唱団設立:×
団かけもち:×
団内交際:×
合唱つながりで結婚:× オットは合唱団に入れましたが。
子供も合唱人:× 練習で三善晃とか歌ってはいましたがね(笑)
うたごえ運動:× さすがに時代が違う
移動ド唱法:○ って言うか、これしかできないよ。
初見で視唱:△ 難しいのはだめよ。
譜面の誤植を指摘:○
コールユーブンゲン:○ 中学高校の音楽の授業で
英語曲:○ インターナショナルスクールでも合唱やってましたので
ドイツ語曲:○ その学校はドイツにあったのです
フランス語曲:○ カルメンの合唱。でも板には乗れなかった
イタリア語曲:○ オペラが多いな
ラテン語曲:○ レクイエムとかポリフォニーとか
北欧・東欧系言語曲:○ ロシア語入れていいんですよね? ショスタコですが
いざ立て戦人よ:△ 仲間内で歌ったことしかない。
ウ・ボイ:×
落葉松:× しつこく聞いたことはあるけど
Ave verum corpus:○ 女声三部と混声四部が微妙に違うところが覚えきれない(^^;
大地讃頌:△ これまた仲間内だけ
怪獣のバラード:× 仲間内でみんな楽しそうに歌ってるんだけど歌えないんだよ。
さよならみなさま:×
夜の歌:×
遥かな友に:×
秋のピエロ:×
Amazing Grace:○ 86年?ロンドンのHonor Choirで初めて聴いた曲をいきなり歌わされた(^^; 日本人の参加者はだれ一人知らなかった。それ以外の国の子はみんな当たり前のように歌っていた。びっくりした。
アムール川の波:×
流浪の民:○
風の子守歌:×
遠い日の歌:×
ともしびを高くかかげて:×
河口:×
エトピリカ:×
ひとつの朝:○
春に:×
死んだ男の残したものは:○
我が里程標:○
夢見たものは:×
聞こえる:×
黒人霊歌:○
マドリガル/マドリガーレ:×
グレゴリオ聖歌:○
ゴスペル:○ VOJAと歌った
ロシア民謡:○ 日本語でなら
日本民謡:○ 同じ曲をいくつもの編曲で歌ったら混乱
オペラ全曲:○ トゥーランドットをほぼ全曲。オクターブ上げてピンをやりました。
カルミナ・ブラーナ:○ 高校生の頃抜粋で。ピアノ二台とパーカッションだった。オットは大谷先生の指揮&ソロで全曲歌ってるのでうらやましい。
第九:○ しつこいくらい歌ってます。今度ソプラノに挑戦したいな。
ヨハネ受難曲:×
マタイ受難曲:×
モーツァルトのレクイエム:× オーディション落ちた。これが一番やりたいなあ。
フォーレのレクイエム:○
ヴェルディのレクイエム:○
ドイツ・レクイエム:× オーディション落ちた
千人の交響曲:×
メサイア:×
天地創造:× ハレルヤコーラスだけ。
シューベルト:×
メンデルスゾーン:×
バッハ:○ 主よ人の望みの喜びよ
ブラームス:× ドイツレクイエム〜(;_;)
マーラー:○ 復活、嘆きの歌
ワーグナー:○ オペラ合唱曲を少々
モンテヴェルディ:×
パレストリーナ:○ Sicut Cervus, Super Flumina Babilonis(スペル合ってる?)ほか
ドビュッシー:×
グノー:○ あるといえばあるのか。
エルガー:×
コダーイ:× やりたいやりたいやりたい
プーランク:×
ブリテン:× 聴き専
デュリュフレ:×
ラター:×
オルバン:× 
シェーファー:×
武満徹:○ オットは嫌いらしい。風の馬をやってみたい。
三善晃:○ 鯨〜 所属していた団がちょうど三善yearだったですよ。クレーとか、たくさんやったなあ。
新実徳英:×
多田武彦:×
高田三郎:○ 中学高校の頃
鈴木輝明:×
荻久保和明:×
木下牧子:○ うたをうたうとき?曲名忘れた。ヴォーカル・アンサンブルで
松下耕:×
尾形敏幸:×
高嶋みどり:×
千原英喜:×
信長貴富:×
西村朗:× 
萩京子:×
林光:×
池辺晋一郎:×
三枝成章:○ レクイエム世界初演に参加しました。
佐藤眞:○ 旅、もういっぺんやりたい。
鈴木憲夫:×
黒沢吉徳:×
平吉毅州:○ 全く気づかず。だって、小学生の時に歌った、「ひとつの朝」の楽譜なんて残ってないもん(^^;
團伊玖磨:○ マエストロ指揮で「西海讃歌」歌った〜
萩原英彦:×
大中恩:×

41かな?数えるの苦手じゃ。
小学校は普通に児童合唱。中学から高2途中までは女声合唱で、そのあとアメリカンスクールで混声(といっても、主にjazz groupにミュージカルだけどね)、大学では活動してなくて、その後オケつきを含めて混声合唱団ばかり。
やっぱり、大学でやってないのが偏りの原因かなあ。

オケつき合唱団は、基本編成も大きいし(各パート20人以上、曲によっては全部で100人越え)、ともかく派手な曲が多くてねえ。レクイエムもそうだし、初演も好きな団だったし、第九は何十回も歌ったし、オリンピック選手の壮行会だか式典で歌ったりとかイベントも多かった。日本語の歌は三枝レクイエムくらいしか記憶にない。
プロ桶と歌うのは面白かったし、著名な指揮者や歌手と同じ板に乗れるのはどきどきするし、団員には別ジャンルのプロや二期会に入るような実力者もいるようなところで、公演ごとのオーディションは厳しいし、全部暗譜だったし……ぶつぶつ。
でも毎日残業しながら合間に練習に通った、あの頃が青春だったわ(笑)
帰りの電車は団員のお友達(ほとんどリタイヤ直前か直後の世代だった)とおしゃべりして新鮮(笑)
!!……だからOL時代にあんまり遊んだ覚えが無いのか! 合コンなんて片手の指で数えるほど。スキーとヨットとドライブと海外旅行だけだもんな。


リクエストは柴田南雄かな。「忘れられた少年」やりました。あの年は柴田南雄yearでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんにく食べたら

おなか壊した……
昨日のこと。
「こーんがり揚げましたサクサクおつまみにんにく」って書いてあるお菓子。
一応、自制して6個かな?食べました。一時間位して下してしまいました。
今日は、試しに3個食べてみました。おなか、怪しくなりました。もちましたが。
やっぱり、もう食べるのやめようかな。
おいしいんだけど、刺激強すぎ。
キャンプの時とか、バーベキューしながら、油でじっくり揚げたにんにく、いくらぱくぱく食べたって平気なんだけどなあ(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きかんしゃやえもん」の世界

こんな映画やこんなテレビ番組
これがモデルの一号機関車らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのう……

まだ買ってまもないHDDが壊れました。
はて、保証書はどこだったかいな(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DV編集の落とし穴(各種)

先月のちいのおゆうぎ会のビデオをパソコンに取り込む。
去年そのために250GBのHDDを買ったのだ。
ビデオ編集ソフト、iMovieは初めて使う。

いきなり問題発生。
む、ビデオカメラ(ちいの誕生前にお祝いでもらったので、ちと古い)の取り扱い説明書にiLinkを使った取り込みの説明がない。それにパソコンとの接続キットにはiLinkケーブルもないよ。でも、iLinkのケーブルを差し込む口はちゃんとある(なんの説明も書いてないけど)。何とかなるはずだけどなあ〜
じゃあ、説明書にもキットにもあるUSBで、とおもったら、iMovieがUSBの取り込みに対応してないじゃん!
ケーブルを買いに行かなきゃだめか、とがっくり。
とその時、ふと思いついた。
HDDはiLink接続で起動ディスクに使えるやつを買ったのだ。当然iLinkケーブルで接続してるよね。だからケーブルは……おお、ぴったり(笑)
PowerBookにはiLinkの差し込み口は一つしかないから、どっちにしても、外付けのHDDに直接取り込むことはできないんだし、別に新しくケーブル買うことないや(笑)

カットごとに別のクリップに自動的に取り込んでくれるので便利〜
面白いほど簡単に編集できる。
実はおゆうぎ会の冒頭を取ったテープの上に別のカットを重ねて録画しちゃって、そこのところ、データがないもんだから、保育園が貸してくれたビデオ(VHSに落としてあるけど)からDVに一度ダビングして、さらにそこからパソコンに取り込んで、画像がない部分を補う。
あちこち継ぎはぎの編集作業にちょっと時間がかかった。
でも、デジタルの編集って何度もやり直しで切るし、面白い!
繋ぎ目も目立たないようにいろいろ工夫して効果を入れてみたりする。

しかしここで問題発生。
ほんの30分程度の素材なんだけど、データを直接外付けのHDDに取りこめないということは、PowerBookのHDの空きが足りないってこと。
案の定、取り込んでいる途中で止まり、HDに空きを作るように指示されてしまった。
40GBしかないので、システムや何やかにやで30GB近くをすでに使っていて、さらに画像や音楽で10GB近く占有中。
泣く泣く画像のフォルダを外付けHDDに移して消去。
どうだ、これで!!
15GBの空きができて、何とかスムーズに作業ができるようになった。
DVのファイルの大きさの2倍以上、空きスペースがいるんだ〜

試しに一枚DVDに焼いてみようとすると……
重大な問題発生。
え、連携しているiDVDってソフトは、うちのPowerBookには入ってないわけ?
やられた。これがないとDVDに落とせない(DVには落とせるけど)。
仕方がないので、iLife '05という商品をネット通販で買いました。
うちはOSが最新じゃないし、安いから'04でもいいと思ったけど、そこは長く使えるように'05にするべな。

……って、買ったら翌日に、iLife '06発売のご案内メールが来たよ!
鬼か、Appleめ(i_i)
ほんの一日待てば良かったよ……

さあ、気を取り直して、編集作業。
ちょっと余分に取り込みもしたいけど、やっぱりHDの空きが足りなくて、何かと差し支える。
ってことは、まだ買ったばかりで空きがたくさんある外付けHDD(起動ディスクにできるようにCCC利用してバックアップ済み)から立ち上げればいいじゃん!
……立ち上げてみたら、
でもここで新しい問題発生。
起動ディスクのHDDに直接iDVDがインストールされてないと、作業できないんだってさ。
インストールにまたひと作業……

そんなこんなのごたごたを乗り越えて、ようやくDVDが(ちゃんと見直す前に焼いたから、2枚くらい無駄にしちゃった)でき上がりました。万歳!
ちゃんとチャプターも切ってるし、初めてにしてはなかなかの力作よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6枚

お年玉年賀はがき、切手シートの当たり6枚。
過去には200枚以上来て、1枚も当たらなかったことあります(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ 14」

のだめカンタービレ 14
二ノ宮 知子著
講談社 (2006.1)
通常24時間以内に発送します。

ああ、楽しかった(^^)
ようやく今日入手、一気に読みました。
最後の一回は雑誌で読んだけど、ほかの会は初めて。結構笑えました。
なんか、完全に千秋ロックオンされてるじゃん〜
ああ、音楽にまじめに取り組みたいねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「おまるで〜おしっこが〜できない〜♪」

またまた、オリジナルソング……
「きょうは〜といれで〜おしっこしたよ〜♪」
いや、もうずっとしてますが、何か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「海の底」

今、横須賀が巨大ザリガニに襲われてますので、忙しくて更新できません(^^;

……撃退されましたので、あとで更新します(笑)





有川 浩著
メディアワークス (2005.6)

はい、更新します。
これは、読む価値は十分ございます。
瑕疵はあります。いろいろと。
でも、完成度は高いし、読ませる部分も多いし、そして何より面白い。久しぶりに読み終わった途端に始めから読み返したくなる作品に出会いました。
ただし、今回は読み直す暇が無かったので(オットに読ませて、予約が入っているので即座に図書館に返却)いっぺんきりです。

以下、激しく?ってほどじゃないが、ネタばれします。


舞台は横須賀、米軍基地、そしてその中の海自の潜水艦あたり。
海からはい上がってくる巨大ザリガニ(様生物)の群れは、人を襲ってむさぼり食います。
逃げ場を失って、潜水艦に逃げ込むことになる子どもたちと自衛官二人。
機動隊、警察、行政、自衛隊、ネット掲示板、密室劇、地域社会、オタク社会、研究所、友情、恋の姿いろいろ、親子関係、その他その他。
読ませどころはたくさんあります。でも、もっとじっくり力技でねっとり読ませる、同じような要素をもった優れた小説はほかにもたくさんある。
ただ、それのどれも、こういった独創的な組み合わせではなかったのです。

マスコミの書き方はなんか??一方的?で、米軍の動きに食いつく、帰国子女かなんかの新聞記者あたりのエピソードでもあれば面白かったのに。他人事の人々を描く方が、関係者の神経を逆なでする取材をするマスコミを戯画的に描くよりも面白いのにな、とも思いました。
あと、問題の母親の描き方も……うーむ、悪者にしすぎかなあ。
喘息の子の母の姿はかなり痛かったです。でも、ほかにどうすれば?
母が身を挺して行くだけなんですがね、ほんとは。

真保さんの小役人シリーズのファンとしては、またこういう作品が読めたらうれしいなと思ったりして。
前作「空の中」よりわたしはこっちの方が好きです。

女性の作者、ぜひぜひ、今は女性の少ない分野で女性が当たり前のように活躍する物語をたくさん書いてください。
わたしの友人(女性)には、防衛庁の技官も警察キャリアもいます。
新聞記者も、テレビマンも、医師も、けっこうたくさん。
まだまだ少ないけど、みんな頑張っています。
わたしも頑張らなくちゃ。
……って、この話になんの関係が(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「じぇりー、かいたよ、じぇりー!」

たまげた。「ファインディング・ニモ」のドリーのことです。
前に保育園の運動会でもらったプレゼントのマグネットお絵描きボードにひれのたくさんついた魚が。
その前にはちゃんとしっぽや足のある亀も!
丸くて目のない(目がないんだよ、っていう注釈つきで)ニモも描いた。
今までずっと色鉛筆でかきかきしていたただのカラフルな線や丸は何だったの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「えーてぃーえむ、こわれてたね〜」

下関の駅の銀行ATMが火事の被害になったという話をオットとしていたら、ちいのこの一言。
夕方、スーパーのATMが取扱中止になっていたことを思い出したらしい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6枚の積み木

ちいが積み木を持ってきた。
前に祖父母からプレゼントされたひらがな積み木。
何かと思ったら、自分の読めるものを集めたらしい。
なんと6枚にもなっていた。おおお。
「えほんのえ」とか、「ちいのち」とか。
「つ」には月の絵が描いてあって「おつきさま」と呼んでいたせいか、最初「お」って言ってたけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ、更新したい(;_;)

書くことはたくさんあるのに、暇がありませぬ。
確定申告の準備もして、家計簿の締めと、今年の準備もして、いろいろほかにたまっていることもあり、なかなか先に進めません。
日記だってゆっくり書きたいわい。
買ったまんがも読んでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おとうしゃーん、からぎぎってるよー!!」

正確に何といったのかはわからないけど、声を限りに叫んでいた。
寝言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私信:メールください。

おめでとうございます(^^)
そんなことなのではないかと思っていました。

しかし、メールアドレスが飛んじゃったのと、年賀状がなぜか戻ってきたので、ご連絡できません。
メールをください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

廃品回収に挑む

って、ごみ出したいだけなんです(^^;
年末からずっと、古新聞を出せないでいる。
毎週土曜に子供会の廃品回収があるんだけど、出かけちゃったり忘れちゃったり天気が悪かったり、ずっと敗退していた。
今日も出かける前に出そうかと迷ったけど、小雨降ってたし。

あきらめて出さずに出かけたら、すっかり天気が良くなって……
むむむ〜また来週チャレンジだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七草粥

前日にスーパーで、と思っていたのに、忙しくてできなかったので、当日七草セットを購入。
なんだよ、ハコベばっかりじゃん(^^;
それでもハコベの葉っぱをむしるのをちいに手伝わせてやったので、細かく刻んだ七草各種を買い置きの白がゆ(レトルト、賞味期限切れ)に入れて温めて、少々増量して、家族三人で分けた。なかなかおいしかった。
今年も健康に過ごせますように(^^)

さすがにお粥だけじゃ足りないので、水炊きにしました。ひさしぶり〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちいちゃん、K田せんせーとけっこんする!」

最近「けっこん」に興味津々のちい。
「おかあさんはけっこんしてるんだよね。ちいちゃんはけっこんしてないんだよね。
ちいちゃんはだれとけっこんするの?」と非常にうるさい。
ちいのお気に入りの保育園の先生は女の人だから、ちいちゃんとは結婚できないよ、というと、
「じゃあ、おとうさんとけっこんする!」とうれしそうに言った。
おとうさんはおかあさんと結婚してるからできないよ、と言うと、悩んでまた堂々めぐりを……(笑)
「ちいちゃん、だれとけっこんしよう……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あとはじぶんでがんばって!」

だ、誰の真似?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おかあさん、げえってしちゃうよ」

みかんの食べ過ぎで、この間もどしたので、食べ過ぎないように言ったあと、わたしが残りのみかんを食べていたら、このせりふ。
いやはや(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の抱負だったり

1,シェイプアップ
体重にはそれほどこだわらないが、ウェスト、腰回りは何とかしたい。そして、それが増えた体重の原因であることは確かなので、やっぱり体重そのものも落とした方がいいんだろうなあ。
まず、通勤で歩くのを増やすことだなあ(^^;
できたらダンスか水泳をしたいんだけど、現状ではかなり厳しい。
せっかく買った体重計ももっといい場所に置かないと、活用が……

2,ピアノ練習再開
レッスンまでは再開できないかもしれないけど、ともかく一日にちょっとでもピアノを触らなくては。
そのためにはまず、電子ピアノの上に鎮座しているプリンタ、カートリッジと替えインクの入った缶をどける必要が……(^^;
ちいにもピアノを習わせようか迷っている。まだ早いかなあ。
体を動かすのが好きなので、リトミックの方がいいのかなあ。でも、土曜の教室って少ないよね……
どっちにしても興味を持ってからじゃないと続かないので、まずちいの前でいろいろ弾いて見せないと。今はちょっとでも弾くとすぐちいが来て、あれを弾け、これを弾け、自分にも弾かせろとうるさいのだ。

3,部屋を掃除
仕事を始めてすぐに汚くなり始めた部屋をもうちょっときちんと片付けたいなあ。
まず、モノをまたがない習慣を付けねば(笑)
どんなに部屋が散らかっていても毎晩確保していた玄関までの通路も、最近怪しいことが多い(^^;

4,サイト再構築
ともかく、デッドリンクを撲滅し、ランサム、サトクリフ関係のテキストは作り直したい(;_;)
壊れちゃった画像ファイルは、早いところ新しいものと置き換えなくては。
トップページももうすこし、ねえ。

5,ちったあおしゃれしたい
このままではおばさん化のスピードがさらに加速する。
せっかく仕事しているので、少しは金を使うことも考える。
洋服のダウンサイジングを計らないと着られる服も無くなる(i_i)

6,何か書く
何でもいいから、形になるように書く。

7,家計簿をちゃんとつける。
あ、もうできてないよ。
週に一度にしよう(笑)
っていうか、大掃除の時にどこかにちょっと片付けた今年の家計簿が見つからないんですけど(^^;


オットに今年の目標を聞いて見たら、「去年と一緒で『世界征服』!」って言ってた。
去年も成就しなかったことは多分今年も無理(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「きかんしゃやえもん」

きかんしゃやえもん
阿川 弘之文 / 岡部 冬彦絵
岩波書店 (1980)

いやあ、今までちいもいろいろな本にはまりましたが、これのはまり方は結構すごいです。
毎晩毎晩、先月からずーっと夜寝る前に読んでます。一度じゃありませんし……(;_;)
この本の面白いところは擬音かなあ。
擬人化はまあ、子ども向けならではで、ちょっと納得できないところもあるけれど、擬音は面白い。
「ぷっすん、ぷっすん」とか、確かに聞き覚えがある音だし、れえる・ばすの「けろろん」っていうのもディーゼル機関車から聞いたことのある音。
「しゃあ」っていうのもちいのお気に入り。
特急列車の通過音はかなり笑えます。どう読んだらそれらしくなるか、未だに研究中です(笑)
しかし、この本は古い。図書館で借りた本の方が一つ版が古いんだけど(結局買いましたよ)活字も古いし、絵はいがぐり頭の子どもが青いかすりかなんかの着物着て出てくるくらいだもの。新品の本で、この内容はかなり笑えます(^^;
でもそれでも面白いんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

SLやまぐち号だぜ!

乗って参りました。
いきなり思いついて予約したの30日深夜。
今どきはこんなものまでネットで取れるのですね。
やまぐち号は快速なんですが(普通列車の倍くらい時間がかかるけど)全席指定なんです。毎日運行しているわけじゃないし。

ちいの最近のお気に入りの絵本は「きかんしゃやえもん」です。
ちいのために企画した小旅行でしたが、片道2時間、往復汽車に乗るというのはどうなのかな〜と正直不安でした。
結論から言えば、片道でも十分楽しめたと思います。でも、ぐずりそうだった帰りも、汽車の好きなお兄ちゃんと同じボックスだったおかげで、ちいは昼寝もせずに(;_;)、楽しくお兄ちゃんの真似して遊んで、口まねして、過ごせました。
しかし、いただいたお菓子(普段ほとんど食べていないチョコレート)の食べ過ぎで、新山口の駅でちょっと戻しちゃったけど(^^;
普段やっていないんだから、ちょっとだけ食べたらすぐに取り上げればよかった……orz

新山口の駅まで車を飛ばし(高速で1時間くらい)、駅前の駐車場に止めて、みどりの窓口にクレジットカードを出して乗車券、指定券を受け取り。いきなりちいがチケットを1枚落とします(^^; すぐに改札に届いていて、受け取れて良かった……(^^;
改札が始まると(15分前)、ホームにたどり着く前、すぐに機関車が入線しました。ホームにいた客車2両に連結されます。
ネットで調べた乗車体験記には4両編成のものが多かったけど、この日の機関車は小さい「ポニー」ことC-56だったってこともあるのかな?
号車を間違えちゃったり、どたばたしましたが、煙や蒸気を吐く機関車の前で記念撮影をして、乗り込みます。車内はレトロな内装、何が古いって、座席の間隔? オットはだいぶ足がきつそうでした。
行きは持って行った道路地図を見ながらだったので、トンネルに入ったり、外の景色が見えたりと面白かった(ひざの上のちいが地図をめくりたがって大変だった)けれど、
絶景というほどの景色ではないかなあ。
面白かったのは見物客と、鉄ちゃん。
乗客は家族連れが多くて、地味な鉄は割合に少なかったけれど(極一部変な人もいたが)、車窓から見える撮影隊やら追っかけは、濃いこと濃いこと(笑)
しょっちゅうSLが走っている路線ではありますが、やっぱり珍しいのか、あっちでもこっちでも汽車を見ている人々が。
ずっと車でついてくる人もいたし。

それでもどんどん高度を上げて行くに従って、線路脇に残雪が増え、ついには一面の雪野原に。もっともちょっと前の雪みたいだったけど。
それでも山の中にいるんだ、三脚な人々が。
あ、「月館」の下、早く読みたいな〜

えっと、話を戻して。
窓枠にどんどん石炭くずが溜まって行くのを見るのは結構驚きでした。
窓のすき間から煙は入ってくるし、トンネルで展望デッキに出ていたらしい人が顔中ススの小さな塊がついて取れなくなっているのも見ました。
昔は日本中、こういうものが走っていたんだなあ。

津和野でのんびり散歩し、うずみ飯?を食べ、焼き立ての源氏巻きを一本家族で分けあって立ち食いし、駅に戻ってまた汽車に乗りました。
津和野はぐるっと近いあたりを回っただけだったので、また近いうちに遊びに行きたいです。あ、でも雪の残っているうちはいやだな〜(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白の舞台裏

今見てます。最初の動線スルーの紹介のところで気づいたんだけど、NHKホールの袖や楽屋、あんまり記憶がないなあ。
一度切りだったかな。

オーチャード、サントリー、芸術劇場辺りは、しっかり数えられないほど何度も板に乗ったけど、オーチャードの楽屋〜舞台の階段はきつかった。
スター歌手じゃないので(笑)階段使用なのよ(^^;
芸術劇場はエレベーターが使えたと思う。

年末に第九を舞台で歌わなくなって、もう7年くらいになります。
大みそかのテレビを見ながら歌っていたのですが、悲しかったことに、少し歌詞を忘れてきています(;_;)

えっと、テレビの続き見ます(笑)
今日はSLやまぐち号に乗ってきました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

って芸のないタイトルですが(笑)
今年もよろしくお願いします。

大みそかはいろいろバタバタして、結局掃除はほとんどできず。
なぜか昼には回転寿司を食べに行き、夕方からオットは初のそば打ちにチャレンジ。
二年ほど前の誕生日にプレゼントしたそば打ちセット(安いの)を下ろしました。
そばはなんかちょっと短かったですが(笑)、お味はなかなか。
これまたデビューでとったお出汁で作った汁もおいしかったです。

そばを食べてからようやく、お節の準備にかかりました。
かなりのスロースターターです(笑)
作ったのは、栗きんとん、お煮しめ、酢蓮根、錦玉子の4品だけ。
黒豆(材料買ったのに)、田作り、数の子、昆布巻きは出来合いのものを。
ミートローフ、かまぼこ3種、伊達巻は既成のものを切っただけ。
とは言え、実は結婚以来ようやく2度目、お重に作るのは初めてというチャレンジでした。
毎年、どっちかの実家には必ず帰ってたのでね〜
結婚して最初の正月だけ、オットが2000年対応で動けず。簡単なお節(栗きんとん、なます、昆布巻き、伊達巻、かまぼこくらい? 裏ごし器もなくて舌触りの悪いきんとんだったわ)を用意しただけで、一日の夜からスキーに行っちゃった(笑)

しかし、準備してあったくちなしの実が、台所中探しても探しても出てこないのには参った。
仕方ないのでなしで作りましたよ。幸い、頂き物の芋の一本がとってもきれいな黄色の種類のもので、色はまあまあに仕上がった感じ。
次の機会はもっと段取りよくしよう(^^;
って言うか、さっきようやく終わったんですよ(;_;)
新聞の配達にもう来ちゃったので、受け取ったわいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »