« SLやまぐち号だぜ! | トップページ | 今年の抱負だったり »

「きかんしゃやえもん」

きかんしゃやえもん
阿川 弘之文 / 岡部 冬彦絵
岩波書店 (1980)

いやあ、今までちいもいろいろな本にはまりましたが、これのはまり方は結構すごいです。
毎晩毎晩、先月からずーっと夜寝る前に読んでます。一度じゃありませんし……(;_;)
この本の面白いところは擬音かなあ。
擬人化はまあ、子ども向けならではで、ちょっと納得できないところもあるけれど、擬音は面白い。
「ぷっすん、ぷっすん」とか、確かに聞き覚えがある音だし、れえる・ばすの「けろろん」っていうのもディーゼル機関車から聞いたことのある音。
「しゃあ」っていうのもちいのお気に入り。
特急列車の通過音はかなり笑えます。どう読んだらそれらしくなるか、未だに研究中です(笑)
しかし、この本は古い。図書館で借りた本の方が一つ版が古いんだけど(結局買いましたよ)活字も古いし、絵はいがぐり頭の子どもが青いかすりかなんかの着物着て出てくるくらいだもの。新品の本で、この内容はかなり笑えます(^^;
でもそれでも面白いんですけどね。

|

« SLやまぐち号だぜ! | トップページ | 今年の抱負だったり »

今日のちい」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/7981246

この記事へのトラックバック一覧です: 「きかんしゃやえもん」:

» 「きかんしゃやえもん」の世界 [月の裏側 @星の天幕 blog版]
こんな映画やこんなテレビ番組 これがモデルの一号機関車らしい。 [続きを読む]

受信: 2006.01.19 01:14

» 『きかんしゃやえもん』 阿川弘之(作)/岡部冬彦(絵) [じゅうのblog]
 息子の就寝前の絵本タイム。 久しぶりに『きかんしゃやえもん』を読みました。 この絵本、私が子どもの頃に読んだことのある絵本で、5年くらい前に懐かしくなって買ったのですが、結構、文字が多くて、当時の息子には難しかったんですよね。  最近、やっと一緒に読めるようになったんですよ。  この本は擬音が楽しくて、 「しゃっ しゃっ しゃっ しゃっ しゃっ しゃっ しゃっ しゃっ しゃっ しゃくだ しゃくだ…」 という感じで、やえもんの台詞を蒸気機関車の音を真似ながら読んだり、 「ら ら ら... [続きを読む]

受信: 2007.06.12 00:10

« SLやまぐち号だぜ! | トップページ | 今年の抱負だったり »