« 母乳育児支援ハーブティー | トップページ | 涙の指輪物語 »

「棄霊島」上下

棄霊島 上
内田 康夫著
文芸春秋 (2006.4)

一気読み。 面白かったから、と言うよりは、馴染みのある土地(長崎、野母崎、軍艦島、五島、長野市郊外などなど)ばかり出てきたからというのが近いかも(笑) そういう意味では、今朝日新聞夕刊で連載中の「悪人」とかもやめられない話だけど。

しかし何が言いたいんだろうか?という疑問は残っちゃうよね。
いろいろタイムリーな内容を詰め込んで、面白く料理してはいるのだけど。
浅見光彦は嫌いじゃないが、どう読んでも二時間ドラマに読めてしまうという欠点が。
それはまあ、長所でもあるんだろうけどね。
結末は何だか納得いかないし。
この本、読むなら今年の夏までが旬だと思います(笑) その後は少々鮮度が落ちそう。

この本、先日市内にオープンした大型書店の店頭に平積みになっていたから、図書館で予約して、ようやく借りられたもの。
一気読みしたからもう返しに行っちゃおう。

|

« 母乳育児支援ハーブティー | トップページ | 涙の指輪物語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

長崎ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/11080615

この記事へのトラックバック一覧です: 「棄霊島」上下:

« 母乳育児支援ハーブティー | トップページ | 涙の指輪物語 »