« 三鷹の森ジブリ美術館Guide Book 2006 | トップページ | キャンプの準備 »

カチャトラ

オットがノー残業デーのため、いつもより早く帰宅。
もちろんノー残業デーそのものは毎週やってるみたいだけど、ずっと忙しかったから、早く帰ってきたのは久しぶり(笑)

おかげで全然準備してなくてあたふた。
数日前からIP電話が使えなくなってどたばたしていて、結局NTTのひとに来てもらう羽目になったし……
おかげで部屋を片付けなくてはならなくなって、大忙し。
(結局不具合そのものは、モデムの設定をリセットしちゃったあとの入力ミスが原因と判明。ぷんぷん!)


鶏肉のカチャトラ
(カチャトラって猟師って意味なんだって。ちなみに漁師はペスカトーラ)
そもそも、骨付き肉を酸っぱくなった赤ワインで豪快に煮込む料理らしい。
いのししでも鹿でも、骨付き肉ならいいらしいし、別に固まり肉でも火加減や調理時間を調節すれば問題なし。


じゃがいもを片手鍋いっぱいに丸ごとゆでる(レシピでは2、3個だったのでだいぶ大目)

大鍋でたまねぎ1個をスライスしたものをオリーブオイルで透明になるまで炒める。

鶏肉2パック(参考にしたレシピでは手羽20本って書いてあったからちょっと少なめ。ちなみに手羽は半分だけ)に塩コショウ、強力粉をまぶす。

にんにく2かけのスライス、ローズマリーをどっさり、オリーブオイルを熱したフライパンで炒め、そこに鶏肉を投入、両面にこんがり焼き色をつける。にんにくやローズマリーが焦げそうだったら早めに救出する。

鶏肉、にんにく、ローズマリーを大鍋に加え、赤唐辛子1本を入れたところに赤ワインビネガーをどぼどぼと半カップ注ぎ、強火で水分を飛ばす。バルサミコもちょっと入れてみた(^^)

今度は白ワイン(また料理酒とブランデーで代用)を1カップ注ぎ、塩コショウ、強火で水分を飛ばす。ぎりぎりまで強火でがんばる(笑)

次は鶏肉が浸るほど水を加え、沸騰まで強火、そのあとも泡が上がるくらいの火加減で、水分が2/3くらいに減るまで煮込む。

そこに熱々のうちに皮をむいて輪切りにしておいたじゃがいもを投入、15分煮込む。

できあがり。


夏の煮込みは酸っぱいのがいいね。結局ちいもオットもぱくぱく食べてくれました。
ちょっと隠し味に蜂蜜入れたらもっとおいしいかも!


|

« 三鷹の森ジブリ美術館Guide Book 2006 | トップページ | キャンプの準備 »

今日のごはん」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おーいーしーそー(涎)
やっぱりローズマリーを家庭菜園に加えないと。
うーん、luna家の食卓想像だけでごはん食べれそうだよ(笑)
ローズマリー以外は我が家にある材料で出来そうなんだけどなぁ。
うーん、買い物行きたくない(^^;
から揚げでがまんしようっと。

投稿: @妻 | 2006.08.24 15:36

ローズマリーじゃなくてもできそう。
ハーブミックスとかがあれば充分では?
一度おためしください。

投稿: luna | 2006.08.30 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/11583381

この記事へのトラックバック一覧です: カチャトラ:

« 三鷹の森ジブリ美術館Guide Book 2006 | トップページ | キャンプの準備 »