« 「はーながさいて、みになって♪」 | トップページ | 普通の日? »

「アースシーの風」

アースシーの風
ル=グウィン作 / 清水 真砂子訳
岩波書店 (2003.3)

久しぶりに「アースシーの風」を読んでいます。
たぶん、出た直後に買って読んだ時以来だから、せいぜい二度目か三度目なんだけど……

気分は初読。
ほとんど前に読んだ時のことを思い出さない。
なぜだろう?

前作の「帰還」は、原書でもほとんど全部読んだので(翻訳が出る直前に大慌てで通読、読了直前、大団円によろこびながら、酔って乗ったバスの中で無くした)、自分でもかなり読み込んだ感じがしたし、久しぶりの再読をした昨日も、ほとんど覚えてたけど。

それにしても「アースシーの風」、翻訳も新しいよね。
「帰還」のときも多少違和感があったけど、竜が「ホバリング」するっていうのはちょっと……

|

« 「はーながさいて、みになって♪」 | トップページ | 普通の日? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/12329255

この記事へのトラックバック一覧です: 「アースシーの風」:

« 「はーながさいて、みになって♪」 | トップページ | 普通の日? »