« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

信号

昨日の新聞にも載っていたが、近所の郵便局前の交差点が、歩車分離信号に切り替わった。
去年の11月に左折のバスに保育園児が巻き込まれる死亡事故があったところだ。
あとから聞いたが、朝オットが歩いて通ったら、近所の交番から警官が出て立番していて、「変わりましたから」とか言っていたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜ほころぶ

はるも少々丸くなってきた今日この頃。
ちいの保育園の担任、元担任、フリーの先生の三人が年度末で退職。
ちいはそれを聞いた日にショックで1日泣いていたそうな(;_;)
かわいそうに。
しかしこちらも少々ショックだ。これまでのちいをよく知っている先生が軒並みいなくなっちゃうんだもんなあ。
土曜は登園していないのだが、今週は午後にちょっとだけのぞいて、先生にお別れを言うことにする。実は先生に内緒で、みんなが書いたお別れの言葉の写真つきのものをプレゼントする企画が進んでいるのだ。
その後に花見に行こうかね、とオットと話している。

今日は何とか朝ラジオ体操の前に保育園にたどり着く。
しかし雨が降っていたので(その後上がったけど)室内で体操だったみたい。
明日はもう少し早くたどり着けますように……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々格闘

だいぶ日記が滞っている。
mixiの方ではちょこちょこと更新したりもしているのだが、どうしてもブログの方は長めの文章を載せたくなるので、気軽にはできなかったり。

もっともタイピングは超絶技巧的に速いので(笑)、問題は中身を考えるスピードだったりするのだけれどねえ。

今日は散々で、朝ちいは起きないし、起こして食事させて歯磨きさせて着替えさせて、ようやく保育園にたどり着いたら11時だし。
なんか、毎日時間を無駄にしている感じ。
午前中から頭痛がひどくて、ほとんど家事もできず、寝て暮らしたり。
少し日が陰ってきたなあ、と起き出して時計を見たら6時5分前!!!
ちなみにちいは延長保育を申し込んでいないので、保育時間は6時までなのだ。
ダッシュで寝ついたばかりのはるを抱えてお迎えへ。

夕食は手抜きの親子丼(昨日の焼き鳥のタレの残りを利用)、ほうれん草と干しエビの炒め物、インスタントのわかめ味噌汁でおしまい。
オットの帰りが遅いので、2人を風呂に入れたら汗だく。
それでも風呂上りのちいがはるを風呂にだっこして連れてきてくれるようになったので、だいぶ楽。

しかし、今日は初めて、ミルクを足さずに1日母乳だけで過ごすことができた。
結果的に言えば、のんびり過ごしたからだなあ。
ちいの時も、2ヶ月半くらいから完全母乳になったっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おおごとだよ、これは!」

自分の赤ん坊の頃の写真を大量に見て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「でもねえ、ごみしゅうしゅうしゃみたい」

年長さんにプレゼントする、宝箱を作ったという話。
どこがごみ収集車みたいなの?と訊くと、
「でんしゃみたいに、どあがあるよ」
????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴を捨てた

今日は燃やすごみの日。
玄関でゴミ袋の口を縛っていた時に、ふと思いついて下駄箱から靴を1足出して袋に入れた。
Playmateの黒のローファー。学生靴のちょっとスマートなものみたいなやつ。
ほとんど履かなくなってから長いが、思い出&思い入れのある靴で、何度も何度も直してお手入れも欠かさず、愛用していた。

最初は外回り営業をはじめてまもない頃、ハイヒールで町を走り回ったらすぐに腰を痛めてしまい、急遽購入したものだったと思う。
何度踵を直したか覚えていないほど履いた。
営業時代は毎日毎日違う靴を履くように気を付けていたので(営業用のカバンとか、靴も数足、一時に買ったからずっと懐がさみしかったなあ)、まだ当時の靴は数足残っているが、これが一番履きやすかったので、早く痛んだような気がする。

結婚後にしていた立ち仕事の時も、この靴は役に立った。
捨てる直前まで、靴に入っていたジェルタイプの中敷は、腫れてむくんだ足を冷やすのに重宝したなあ。

この2つの時期の間が、わたしの輝ける青春修行時代だったのかも知れない。

数年前に小指側の皮(もう内張はとうの昔に擦り切れていた)が割れてしまって、危急の時以外には履かなくなっていた。
最後に履いたのは、はるを妊娠中。足がむくんでいる時は、少し大きめの靴なのでちょうどよかった。低いヒールが安全かと思ったが、実際にはもう足に合わなくなっていて、却って危ないと思い、それきり履かなかった。

先日読んだ、「持たない暮らし」を参考にすれば、履かない靴を下駄箱の限られたスペースに並べるのは無駄なこと。
実は、お宮参りの時に、スーツに合う黒のハイヒールが下駄箱に並べられていなかったため、すぐに出てこなくて焦ったのが直接の原因。
そのハイヒールの方が古い靴なんだけどね(笑)
持っているのに使えないほど無駄なことはない。

この靴、何度も捨てようとして、捨てられなかった。
履けなくなったわけじゃないし……
他にも履いていない靴はあるし。
捨ててしまった今でも、何だか惜しい気持ちが残っている。
靴とともに、思い出にも別れを告げたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きゅうじゅうななこ?」

なぜかはやりの97。
たくさんという意味らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »