« 「きゅうじゅうななこ?」 | トップページ | 「でもねえ、ごみしゅうしゅうしゃみたい」 »

靴を捨てた

今日は燃やすごみの日。
玄関でゴミ袋の口を縛っていた時に、ふと思いついて下駄箱から靴を1足出して袋に入れた。
Playmateの黒のローファー。学生靴のちょっとスマートなものみたいなやつ。
ほとんど履かなくなってから長いが、思い出&思い入れのある靴で、何度も何度も直してお手入れも欠かさず、愛用していた。

最初は外回り営業をはじめてまもない頃、ハイヒールで町を走り回ったらすぐに腰を痛めてしまい、急遽購入したものだったと思う。
何度踵を直したか覚えていないほど履いた。
営業時代は毎日毎日違う靴を履くように気を付けていたので(営業用のカバンとか、靴も数足、一時に買ったからずっと懐がさみしかったなあ)、まだ当時の靴は数足残っているが、これが一番履きやすかったので、早く痛んだような気がする。

結婚後にしていた立ち仕事の時も、この靴は役に立った。
捨てる直前まで、靴に入っていたジェルタイプの中敷は、腫れてむくんだ足を冷やすのに重宝したなあ。

この2つの時期の間が、わたしの輝ける青春修行時代だったのかも知れない。

数年前に小指側の皮(もう内張はとうの昔に擦り切れていた)が割れてしまって、危急の時以外には履かなくなっていた。
最後に履いたのは、はるを妊娠中。足がむくんでいる時は、少し大きめの靴なのでちょうどよかった。低いヒールが安全かと思ったが、実際にはもう足に合わなくなっていて、却って危ないと思い、それきり履かなかった。

先日読んだ、「持たない暮らし」を参考にすれば、履かない靴を下駄箱の限られたスペースに並べるのは無駄なこと。
実は、お宮参りの時に、スーツに合う黒のハイヒールが下駄箱に並べられていなかったため、すぐに出てこなくて焦ったのが直接の原因。
そのハイヒールの方が古い靴なんだけどね(笑)
持っているのに使えないほど無駄なことはない。

この靴、何度も捨てようとして、捨てられなかった。
履けなくなったわけじゃないし……
他にも履いていない靴はあるし。
捨ててしまった今でも、何だか惜しい気持ちが残っている。
靴とともに、思い出にも別れを告げたのだろうか。

|

« 「きゅうじゅうななこ?」 | トップページ | 「でもねえ、ごみしゅうしゅうしゃみたい」 »

コラム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/14167046

この記事へのトラックバック一覧です: 靴を捨てた:

« 「きゅうじゅうななこ?」 | トップページ | 「でもねえ、ごみしゅうしゅうしゃみたい」 »