« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

「トルコのもう一つの顔」

トルコのもう一つの顔
小島 剛一著
中央公論新社 (2001.6)





foggykaoruさんのブログの紹介で知った本です。

わたしがトルコを旅したのは、この本が出る直前、1990年の夏のことで、今思い返して見れば、ずいぶん無謀なことをしたもんです。
幸いいやな思いはほんの少ししかしないで済みましたが……

トルコはとても好きな国で、ぜひまた行きたいと思います。
でも1人で行くのはいやだな。
旅行当時は、どうなることかと思いましたが、その後うまいこと結婚しましたので、オットと一緒なら旅行するのも気が楽になりそうです。

いくら無謀なわたしでも、一人旅をしたわけではありません。
大学の友人2人を連れて、高校の友人の国を訪ねたわけで。
しかし、向こうの友人との事前の連絡がうまくいかず(トルコの郵便事情のせいらしく、結局その時友人から送られたはずの手紙は届かないまま)、空港について初めて、わたしが1人ではないことを知った友人とその家族(笑)
イスタンブールで数日、トルコ周遊も少々、彼女の家の別荘で残りを過ごした、トルコの2週間はとても楽しいものでした。

でも思い返せば、高校時代、ファンだった安彦良和のクルドの星 を友人に見せたら(「CIPHER」とか日本のまんがも好きだったんですよ、彼女)、非常に理知的で勝ち気だった彼女が、糞味噌にクルド人をののしったのにびびったことがあります。
もちろん、ある程度は予測していたものの、一応は知的上流階級に属していた彼女も(トルコの銀行のお偉いさんの娘で、外国語で教育する政府の特別学校出身)、いわゆるトルコ人らしい言動から大きく離れることはなかったようです。もっともクルド人なんて、当時はろくに見たこともなかったんだろうなあと思いますけどね。

トルコは親日的だし、観光客ずれしているひとも多いし、観光地を回るくらいでは楽しいことばかりでも済むのですが(イスタンブールではトルコ人の友人がずっと一緒だったしね)、1歩奥に足を踏み入れると、いろいろあるだろうなという感触はありました。
それをリアルに描き出していますねえ、この本は。
なんというか、光と影というか。
トルコに興味のある人には、ぜひぜひぜひ読んで欲しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母の日には

568c8c92aa
生花アレンジはいかがでしょう。

Bd6c64c2e5

プリザーブドフラワーのリースも素敵です。

F5feafeb36


妹のお店です〜>^_^<
母の日のプレゼントにも、今ならまだ間に合いますよ〜!

サイトのURL変わりました
DearFlower

| | コメント (0) | トラックバック (0)

な、なまいきな!

久しぶりにshuffleをアップデートしようとしたら、iTunesに低速ポートでiPodが接続されているから、高速ポートでつなげって言われた。
悪かったね、古いマシンで。きー!

最近音楽を聴くと、踊れるかどうか気になってしまう、ダンス初心者です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おかあさん、しまないでね」

音楽教室の帰り道、車の中でいきなりそう言うと、わんわん泣き出した。
死なないでね、ってこと?って聞くと、「うん」という。
な、なんで??
一応、なるべく長生きするように努力しますが(^^;
曽祖父がこの間亡くなったからかなあ。
ちいの中でもいろいろな成長があるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Shall we ダンス?」

映画の裏側としては面白かったけど、ノベライズかシノプシスを読まされている感じで、小説としての完成度は低い。
視点がくるくる変わるのもよくないしね。
映画とは別エンディングのラストはまた、別の味わいがあるけど、あんまり救いがない気も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お食初め

100日目の当日にできなかったので、正確には102日目です(笑)
メニューは、連子鯛(一夜干しみたい)の塩焼き、お赤飯(初めて塩入れて炊きました。オット実家風)、うちわえびの潮汁(うちでとれたサヤエンドウ入り)、筑前煮、キャベツとにんじんの一夜漬け(正確にはその場漬けw)、オットがここの氏神様で拾ってきた小石と、わたしの祖母が漬けた梅干しでした。
今思えば、もう少し写真写りのいい、華やかな食器を使えばよかった(^^;

母が作ったベビードレス着ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「最後のウィネベーゴ」コニー・ウィリス

しんみり読めたなあ。
ラストに向かってお話が収束していく感じがぞくっとする。
女性にとって、ぐっと身近に引きつけた感じのSFなのではないでしょうか。

こちらで紹介されていて、図書館に予約したもの。

寝る前とか、授乳中に読んでいたので、なかなか進まず苦労しました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラフープ

最近のちいのはやりは、フラフープ、なわとび、そして自転車。
一番驚いたのがフラフープかなあ。
去年はただ真似しているだけだったのに、先週にやって見せてくれたら、ちゃんと回ってた。長時間ではないけれど、上がったり下がったりして、回せていることが分かる。
わたしよりうまいかも(笑)

なわとびも格段に進歩。ずいぶん長さを余らせているのだが、跳べているところがすごい。

自転車はいとこからお下がりをもらったので、2日ほど乗ったら、すぐに補助輪をはずして欲しいとのリクエスト(笑)
それはちょっと待ってくれ。まだ肘膝のプロテクター買ってないよ〜

追記
今日、後ろ飛びもできるようになったそうです(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

音楽教室

音楽教室は今月で終わりです。
続きの幼児科に来ない? 鍵盤も弾くよ?と再度勧誘されたちい。
困って黙り込んでしまいました。
ピアノをやりたいという意志は結構固いようです(^^;

追記:
音楽教室に通う前に一度伺ったピアノの先生に、何度も電話したり連絡していたのですがなしのつぶて。
結果、東京に引越されていたことが判明。
仕方ないので、ペアーレのピアノ教室に通うことにしました。
夕方なのであんまり時間がよくないけれど、2週に1度なので、ちっとも進みそうにないけれど……(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉痛

そうだ、これは肩こりではないのだ!
昨日の午後から肩の痛みに苦しんでいる。
多分原因は、一昨日の休園日、一日風邪引きのちいと過ごした時に、はるを初おんぶしたのだが、ちいもおんぶしてくれといって聞かず、はるを前抱っこ、ちいをおんぶして部屋を歩き回ったりしてがんばったせい。
簡単には治りそうにない……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »