« 『ツバメ号とアマゾン号』映画化! | トップページ | メモ »

FXですよ

一昨年くらいから、地味〜に勉強を始めて、時々実践している資産運用ですが、投資信託、株と来まして、最近ではFXに興味を持っています。
口座を開こうと、いろいろ研究中。

≪手数料ゼロ≫のFX取引なら 5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ

わたしはデイトレーダーには向かないので(笑)、スワップポイント狙いの投資を目指していますが、業者選びもいろいろあって難しいですねえ。

|

« 『ツバメ号とアマゾン号』映画化! | トップページ | メモ »

日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43901/17720095

この記事へのトラックバック一覧です: FXですよ:

» 勝率98% FXトレード [FXテクニカル分析,FXですよ]
このブログは主にFXのテクニカル分析指標の解説を目的としていますが、当然のことながらアフィリエイトも取り入れています。ここにお勧めしているFXノウハウは私も購入して、「よかった」と思うものだけを載せています。ただ、これも当然のことながらアフィリエイトで載せているFXノウハウの購入はみなさんの意志で決定してください。次回から再度新しいFXのテクニカル分析指標の解説を更新していきます。今回は、今までのアフィリエイトで最も好評だったかつ、私も試して、現在のところ勝率100%だったF...... [続きを読む]

受信: 2008.01.17 11:26

» マネーパートナーズで外貨預金より断然有利なFXを [マネーパートナーズでがっちり!]
マネーパートナーズで外国為替証拠金取引始めましょう! マネーパートナーズなら取引手数料無料。24時間サポート。 24時間入金対応でいつでも取引できます。 [続きを読む]

受信: 2008.01.17 23:44

» ドル安・円高 [FXテクニカル分析,FXですよ]
株式市場の下落が続いていますね。為替も円高傾向です。現在は106円台ですね。エコノミストやアナリストの予想では105円前後で反発するという声が多いですが、どうでしょうね??ちなみに、購買力平価は90円台らしいです。したがって、理論的には90円台までの円高はなんら不思議もないということです。現在の市場のようにファンダメンタル要素が不安定・不透明な場合にはやはり、テクニカル分析で売買のタイミングを測るのがベストですね。上げ相場でも、下げ相場でもとくに関係なく売買のタイミングを測る...... [続きを読む]

受信: 2008.01.18 12:39

» 中国人民元 [FX入門,FXですよ]
最近では段階的な切り上げが行われている人民元です。中国経済はすさまじい発展を見せ、今後人民元高になるであろうことはみんなが予想していることですが、残念ながら人民元は自由市場に開放されていません。中国は2005年に人民元を米ドルとのペッグ制から固定レートの切り上げに踏み切りましたが、いまだに中国中央銀行の管理の下、為替レートを政策的に誘導しています。しかし、高成長を続ける中国にはいずれ強い元の切り上げ圧力がかかると思われ、このまま硬直的な為替レートを維持できるかどうかは微妙なと...... [続きを読む]

受信: 2008.01.18 12:42

» 投資信託と分配金 [,FXですよ]
投資信託と分配金の情報です。 [続きを読む]

受信: 2008.01.18 14:56

» FX投資の成功法則を学ぶ(無料CD配布中) [,FXですよ]
個人投資家として活躍中の松下誠さんの無料CD「投資で失敗しない7つの法則」。成功する前に、まずは失敗しないようにすることが大切だと私も思うから、投資に興味があればまずは聞いてみて下さい。 http://www.123profit.jp/CD.php?jvcd=13552 追伸: この無料CDは1000名限定みたいだから、お早めに。... [続きを読む]

受信: 2008.01.19 08:26

» 高スワップ金利の通貨ペアが簡単に判る [FXスワップ金利比較]
どこの取引会社のスワップ金利が一番高いのかを簡単に比較できます。 [続きを読む]

受信: 2008.01.19 08:51

» FX スワップポイント [恋愛相談.com,FXですよ]
以前にも「スワップポイント」には少し触れましたが、 今回はもう少し掘り下げて解説しましょう [続きを読む]

受信: 2008.01.26 15:33

« 『ツバメ号とアマゾン号』映画化! | トップページ | メモ »