「トルコのもう一つの顔」

トルコのもう一つの顔
小島 剛一著
中央公論新社 (2001.6)





foggykaoruさんのブログの紹介で知った本です。

わたしがトルコを旅したのは、この本が出る直前、1990年の夏のことで、今思い返して見れば、ずいぶん無謀なことをしたもんです。
幸いいやな思いはほんの少ししかしないで済みましたが……

トルコはとても好きな国で、ぜひまた行きたいと思います。
でも1人で行くのはいやだな。
旅行当時は、どうなることかと思いましたが、その後うまいこと結婚しましたので、オットと一緒なら旅行するのも気が楽になりそうです。

いくら無謀なわたしでも、一人旅をしたわけではありません。
大学の友人2人を連れて、高校の友人の国を訪ねたわけで。
しかし、向こうの友人との事前の連絡がうまくいかず(トルコの郵便事情のせいらしく、結局その時友人から送られたはずの手紙は届かないまま)、空港について初めて、わたしが1人ではないことを知った友人とその家族(笑)
イスタンブールで数日、トルコ周遊も少々、彼女の家の別荘で残りを過ごした、トルコの2週間はとても楽しいものでした。

でも思い返せば、高校時代、ファンだった安彦良和のクルドの星 を友人に見せたら(「CIPHER」とか日本のまんがも好きだったんですよ、彼女)、非常に理知的で勝ち気だった彼女が、糞味噌にクルド人をののしったのにびびったことがあります。
もちろん、ある程度は予測していたものの、一応は知的上流階級に属していた彼女も(トルコの銀行のお偉いさんの娘で、外国語で教育する政府の特別学校出身)、いわゆるトルコ人らしい言動から大きく離れることはなかったようです。もっともクルド人なんて、当時はろくに見たこともなかったんだろうなあと思いますけどね。

トルコは親日的だし、観光客ずれしているひとも多いし、観光地を回るくらいでは楽しいことばかりでも済むのですが(イスタンブールではトルコ人の友人がずっと一緒だったしね)、1歩奥に足を踏み入れると、いろいろあるだろうなという感触はありました。
それをリアルに描き出していますねえ、この本は。
なんというか、光と影というか。
トルコに興味のある人には、ぜひぜひぜひ読んで欲しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋吉台キャンプ二日目

すっきり目が覚める。涼しいほど。
よそのサイトを尻目に朝ごはんを食べ(菊川の道の駅で仕入れたパンなど)、さっさと撤収準備。

並ぶどのサイトを見ても、軽自動車で来ているのはうちだけ(笑)
どのサイトもまるでキャンプ用品の見本市のように素敵な道具を並べているが、我が家は立派な道具は何もなく、テントとタープ以外はほとんどあり合わせ。
まあ、人数も少ないし、子どもも小さいからね。
確かにテーブルは少し大きめのものがほしいけれど、特に不自由するほどではないし。

また、キャンプ生活に復帰できるようになったらいろいろ考えるようにしよう。
今回はちいのいすを新調しました(^^)
ごきげんです>ちい

撤収したあとは、隣接しているサファリへ。
ちいは助手席に座らせてもらえるだけで大興奮!
動物をたくさん見て、写真もビデオも撮って、終了。
その後はロバに乗り(一人で堂々と、ニコニコしながら回ってきた)、「かんらんしゃ、かんらんしゃ」と叫ぶちいをつれて、遊園地エリアへ移動。
乗り物にいくつか乗るだけで、かなりの出費になってしまったが、ともかくちいが喜ぶのが面白くて(笑)
親ばかですね~

たっぷり遊んで、有意義な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋吉台キャンプ初日

ここ数回のキャンプよりはだいぶスムーズに各種準備が進む。
妹にキャンプ用のチェックリストをもらったり、自分でもいろいろ準備してみたので。
やっぱり手間を省くためには、じっくり考えることも大事みたいだなあ←当たり前だって(^^;


早々に出発。
高速を使わずに、山の中のルートで菊川へ。
道の駅で早めに食事。そうめんが名物とは知らなかった。
ちいはオットのカツ丼を一番喜んで食べました(笑)

最初にたどり着いたのが別府弁天池。
水は冷たくて、涼しげな青緑色に透き通っている。
すぐそばのニジマスの養殖池でニジマス釣りにチャレンジ。
ちいはやる気満々だったが、オットが最初の一匹を釣り上げると、あんまり魚が暴れるのにびびっていた(笑)
そうなのよ、釣りって大変なんだから。
たくさん釣っても食べきれないので(そんなに安くはないし)、とりあえずもう一匹だけ釣って引き上げ、水を汲む。
あとでさばいたら、見た目以上に大きくて立派なニジマスだった。
うちの小さなバーベキューコンロに載せるとはみ出すほど!

それからキャンプ場へ移動。
サイトはトイレや炊事場、管理棟(温泉あり!)にもほどほどに近くて便利だった。
設営、夕食準備。早い時間に動けるようにしたおかげで、何とか暗くなる前にちいに夕食を取らせることが出来た。
ちいも喜んで、一生懸命肉を食べるように。
最初のキャンプでは暗闇を怖がったし、次のキャンプでは肉をちっとも食べてくれなかったのを思い出す。
成長したなあ(i_i)

露天風呂つきの温泉で汗を流し(ちいが一人であちこちの湯船に遠征するので冷や汗はかいたけど)、ちいを寝かしつけたら、のんびり夫婦でマシュマロをあぶったり、つまみを焼いたりして夕暮れを楽しむ。
さすがに日が落ちてからは涼しくて、気持ちよく過ごせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上京予定策定中!

9月5日、上京します。
帰省するので、東京はちょっと寄るだけですが。
現在いろいろ手配中。

9月5日(火)
スターフライヤーの1万円チケットが取れたので。
沖止めは勘弁ね!
午後は友人宅で赤ちゃんを見る!
夕方は吉祥寺に移動、宿泊。

9月6日(水)
ジブリ美術館(まだチケットとってないけど)
夕方には北千住から帰省。
平日暇な方、お茶でもご一緒しませんか?

9月10日(日)
羽田空港に昼前に到着できるので、平日は無理な方、ランチやお茶はいかが?
3時半ごろの便で出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲旅行のことなど

つらつらと書きたいのだが、頭の中がまだ整理されず。
加えて、まだ会計報告(というか旅の家計簿)が終わっていないので、どうにもこうにも。
こんなこと書いているうちにまとめればいいのか>家計簿

出雲、ひさしぶりに行ったけど、よかったですよ~
今回、初体験のオットの希望の場所を回ったので、ほとんどが行ったことある場所だったというのが少々寂しいけれど、好きなところが多かったので、楽しかったです。
あとは、もう少しちいが大きくなって、騒がなくなったら行ってみたい所も多いんだけどな~

前々回の旅の記録はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲旅行 その4

ようやく、最終日、四日目
朝起きて、雨のしとしと振る中を荷物を積み込み、一路西へ。
いける所まで国道、日本海側をドライブの予定だった。

最初少々滞ったが、ある程度進んだところからペースが一定以上になり、思ったより進めた。
結局萩まで日本海側を走り、そこから南下して高速で美祢から帰宅。夕方には帰り着いていました。

雨じゃなかったら、途中であちこちのぞいたり(そしたらおそくなったけど)、景色を眺めたり、いろいろ楽しめたと思うんだけど、結局のところ、日本海ドライブがやりたかったんだよね。萩より東は未踏査だったので。

萩(になった町)の須佐で、梅乃葉というお店(駅の近く、国道沿い)により、昼食を取りました。いかがおいしくて、満足。
GWメニューで、品数がいつもより少なかったらしいんだけど、また機会があったら寄ってみたい。なかなかのお店でした。
http://www.haginet.ne.jp/users/umenoha/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲旅行 その3

で、三日目。
同じ宿に二日続けて泊まるのは大事だよね。
荷物が多いし、子どもが小さいから余計に。
子どもは同い年のお友達と楽しく遊んでいて、お別れさせるのがこっちも辛かったわ。

まずは松江城へ。お別れ直後でご機嫌斜めのちいも、歩き回るうちに楽しくなってきたらしく、お城を見たあとは堀川めぐりの遊覧船に乗るといって聞かず、船着場の前でソフトクリームでなだめる(笑)
オット目当ての酒屋さんに寄ってから再度北上し、宍道湖の北岸を通って出雲市へ。
途中、そばを食べる。ちいはぐっすり。
出雲大社に着いた頃からぱらぱらと雨が降り出す。
それでもお参りして、ぐるっと回って、あちこちの展示を見て、奉納のお神楽を見て、ちいは鳩にえさをやり(ほとんど食べても寄ってももらえない)、雨が降り出したところで車に戻る。

島根ワイナリーはすっ飛ばして(結局それきり行けなかった)、稲佐の浜を横目で見て、出雲日御碕灯台へ。
ここは公開されている灯台なのだが、うんと高いので、安全管理がうるさいのだ。オバちゃんたちに言われて荷物も持たず(もともと傘しか持ってないけど)長いことかかって昇る。ちいは大喜び。
てっぺんに出たら、暴風雨で、ほとんど外には長居できず。
残念。景色はいいんだけどね。

宿の銀輪荘(サイクリングセンター)に入る。
大雨。
荷物の整理が大変だったが、何とか落ち着き、風呂に入ってから夕食に出かける。うなぎ。静かで落ち着いたお店だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲旅行 その2

で、二日目
簡単に朝食を済ませ、出発。
あ、そうそう、ユースホステルだけど、個室を取りました。
和室でいいと思ったんだけど、オットがおトイレつきの洋室にしようというのでそうしたわけ。大正解だわ。少々お高いのですが、子連れにはやっぱりトイレつきが一番。

安来の和鋼博物館へ。
入口のロビーに出ていた看板に「本日の展示は終了しました」って、そりゃないよ、開館時間を7分ばかり過ぎてましたが?
そして、一階の土産物の売店は30分以上たってからようやく開店だよ。なんか、やる気ないんかい?

しかしオットはそれにはめげず、ロビーに展示してある箱鞴(ふいご、乗って試すことができる)にチャレンジ。
面白かった(笑)
展示内容そのものはそれほど新鮮味はなかったけど、「和鋼」そのものや言葉の歴史、それに、かんな流しについて勉強になりました。
ちいは館内の箱鞴(自分で押したり引いたりして風を出す)に大喜び。それから、シースルーのエレベーターがとても気に入って、何度も乗りに行こうとねだられた(のらりくらりと乗らなかった)。
ジレットの刃が日立金属製とは知りませんでした。

それから……安来の市内を抜けて境港へ。
途中で立ち寄った弓ヶ浜の展望台のところで少々ちいを塩水につけてみる。
いや〜大喜びだよ。
一昨年は砂浜の上を歩くのを嫌がったとは思えません(笑)
何度も説得した挙句、おとうしゃんが担いで(さすがにもう抵抗はしなかった)車へ運ぶ。
そのあとも何度もさっきの海に行こうとおねだりしていました(笑)

で、美保関の灯台へ。
美保関の町は観光客にあふれていて、イカ焼きの売り込みも激しかったけど、我が家は町はスルーして(またかよ)灯台の見学のあと(内部公開はしていないよ)駐車場の売店でイカ焼き購入。ちいも最初は渋っていたが、結局喜んでたくさん食べた。やわらかくておいしかったな〜

巡視船艇が灯台から見えたし、ヘリも飛んでたから、体験公開か何かがあったのかな?

それからそばが食べたくて松江市内をさまよう。昼を過ぎているのだが、ともかくガイドブックに乗っている有名な蕎麦屋は軒並み大行列かやってないか。
1時間くらいあちこちさまよった挙句、ようやくそばを食べるが、ちいはぐっすり眠っていた。

市内を再び横切って、今度は八雲立つ風土記の丘の資料館へ。三回目にしてようやくリベンジじゃ。
内容は、房総の風土記の丘の資料館に毛が生えたレベルで少々がっかりだったけれど、赤米の試食していたし、見返りの鹿の埴輪の現物と久々に再会したしで、まあいいことにしよう。
国会図書館とここにしかないらしい本(以前柏の図書館で国会図書館から取り寄せてもらって読んだことはある)を見ようと思っていたのだが、書名をすっかり忘れていて、あきらめた。

こどもの日なので、子ども相手のイベントをいろいろしていたみたいなんだけど、それには間に合わず。

公園内の古墳を見て回るとき、ちいは花を摘んだり遊ぶのに夢中で、呼んでもついてこない。見晴らしはいいのっぱらだから、そのまま置いて先に進むとその場に倒れて大泣き。
何度も駆け引きしたが、結局根負けしたおとうしゃんが戻って抱っこしてつれてくる(笑)

神魂(かもす)神社へ。
結構お気に入りなのよね。
ちいはここのお手水で水遊び(さっき公園で摘んだシロツメクサに水をかけたい)したくて仕方なかったので大興奮。
小さなお社にもお賽銭を片っ端から入れてお参りして回るし、大活躍でしたよ。

はにわロードでちょっと迷子になってから、今度は熊野大社へ。前に行ったことはあるけれど、すぐそばに神社経営の温泉があるのさ♪
結構割安で(宿泊もできるよう)、明らかに循環だけど、ちいはおとうしゃんが係りの順番だったので、一人でのんびり楽しめた。

帰りに松江のオットの目当ての酒屋さん(今日は休みなので下見)の場当たりをしてから、こんどはタウンペーパーでオットが見つけた街中の焼肉屋へ。
たらふく食べ、結構な金額をお支払し、宿へ戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲旅行 その1

5月4日から三泊四日で出雲に行ってきました。
久しぶりなんで面白かったですよ。
最初に行ったのは、97年かな、次が98年。
そして、帰省以外の旅行は、出産後初めてです〜
(帰省の途中にあそこ寄ったりここ寄ったりというのはあるけど)
ようやく、行動の制約が少し減ってきた気がしますね。

5/4
まず、初日、早起きしたつもりが、あまり早く出かけられず。それでも8時ごろには出たけど。
少しでも早く出かけるため、ちいをパジャマのまま車に積み込んだのでした。
保育園に行く時だって、同じような時間かもっと早くに出かけているんだけどね〜

高速に乗って、広島は庄原インターで降りる。一つ前のインターあたりから出口手前で左車線の渋滞が始まっていたので、用心していたらやっぱり庄原でも出口が詰まっていた。
せっかくお金かけてETCにしたのに、料金所手前までずっと詰まったままじゃ意味がないよ。結局ETC以外の車と5分も変わらず。

おろちループのルートでナビしていたのに、うっかりページの変わり目で国道の番号を読み間違って、一本西のルートになっちゃった。仕方ないので、山道でショートカットしてやり直す。
おろちループの道の駅のレストランで10数分待った挙句、料理も20分以上待ち。いやあ、結婚してから連休に人のいるところに旅行に行くの、実は初めてなのよね。
オットは人ごみ嫌いだし、わたしはもともとバケーションシーズンには忙しい商売だったから、休暇はずらすのが当たり前だったし。
一応、目的地を人の比較的少ないであろう出雲にしたのは正解だったんだろうけど、それでもすごい人出。

横田の「奥出雲たたらと刀剣館」へ。連休中なので、刀剣鍛練実施日だった。初めて。
ちなみに、入場料は実施日には割高になります。
前にきたことがあるので、わたしはちいと遊びながらのんびり見物。オットは日本刀など刃物が大好きなので、結構興奮していた。
話を聞いてみたら、「青銅の神々の足跡」を読んでいないみたい。名著なのに。わたし持っているのに。
今日帰ったら探して貸してあげよう。

安来の和鋼博物館をあたりに。翌日開館したらすぐに行く予定。わたしも初めて。駐車場にD51が置いてあって、ちいが喜んだ。

松江市内を抜けて、レークサイドYHに向かう。
以前にはまだなかった施設(ティファニー庭園美術館とか)や、名前が変わってきれいになってしまった駅とかに驚きながら、昔のままのため池の道を抜けて、さらに古くなったユースへ。
ちいと同い年の女の子がいて、早速二人で遊び始めた。
ユース近くの国道の上りが大渋滞だったので、オットは夕食をとりに出かける気がなくなり、ちいもお友達と遊ぶのに夢中だったので、わたしが一人でコンビニに夕食&朝食の買出し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウステンボス雑感

久しぶりのハウステンボス。
ちいが早く起きたので(前日昼寝なし、夕飯も食べずに寝てしまった)、予定よりも早く出発できたが、ここに落とし穴が(笑)
ちいが寝ぼけた状態のまま車に運んだので、靴を玄関に忘れた。わざわざ新品のかわいい靴を下ろしたのに~

というわけで、まず佐世保に着いてしたことは、ジャスコに寄ってちいの靴を買うことだった。
ちいは赤い星のたくさんついたスリップオンスニーカーをご所望になった。
しめて、1,480円ナリ。いつも履いている靴はヒラキの安物スニーカーなのに(^^;

翌日日曜日でチューリップ祭りが終わりという端境期のせいか、どうも園内はぴりっとしない。工事中やら改装中やらも多いし、「大航海体験館」も閉鎖中。新しくできたピノキオ・グランデは入り口がわかりにくいし、もともとの店も大混雑で並んでいるし、ゴールデンホップは閉店しているし……
さすがに一年来ていないと、いろいろ変わってしまっていてびっくり。

でも天気もよかったし、楽しかったな~
まずはカナルクルーザーでドムトールン下へ行き、ダッシュでパレスハウステンボスへ。ちょうどチューリップの咲き誇る庭でバグパイプのショー。
ちいは夢中になって見つめていたなあ。

昼過ぎに時間調整でソフトクリームを食べながら、モーレンクラブ限定の抽選会を覗き(ぜんぜん当たりませんよ)、それから貯めに貯めたポイントを引き換えた、お食事券4000円分を使って、ピノキオでたらふく食べました。
満足満足。
これで、入ったことのない「フライト・オブ・ワンダー」に行ければよかったのに。
これ、開館したときは妊娠中、今回は4歳未満入場不可なのでまだ入れないのだ。

帰りに残りのポイントを引き換えようとしたら、商品は園内の店での券との引き換えになるといわれて、園内に逆戻り。それなら最初に引換券をもらっていけばよかったよ~
バスは使ったものの、かなり余分にてくてく歩くことになりました。
もともと故障中のデジカメの調子が悪くて、あまり写真が撮れなかったのが残念。

帰りはオットリクエストで武雄の餃子会館でホワイト餃子を100個買って帰りました。

我が家のチューリップ、「ハウステンボス」なんだけど、植え付けが遅かったのもあって、まだぜんぜん小さいんだけど、早く咲かないかな~

ちなみに、日曜は一日寝て暮らした。さすがに体力が……(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)